51llm32qjsl

殺人の容疑をかけられた大学生の脇坂竜実。彼のアリバイを証明できる唯一の人物-正体不明の美人スノーボーダーを捜しに、竜実は日本屈指のスキー場に向かった。それ... 続き

コメント

登場人物も魅力がない、ストーリーもダラダラで謎解きもない。東野圭吾さんの中では駄作ですね。

最初はなかなか読み進まずであったが、
気づくとこの後はどなんだろうって
どんどん先が読みたくなる。

引き込まれた。

ちょっと手グセで書いてる感あり。読後感はよし。

ほぼ1日で読了。疾風ロンドと舞台が同じ。もどかしいけど、結局は気持ちよく終わってくれた!こーゆーの好きだなー!

ひょんな事から事件に巻き込まれた主人公。主人公に振り回される警察に、事件の鍵を握る謎の女性。スキー場で織りなす人間関係がストーリーを面白くさせている。全く無関係な感じだった千晶と根津が意外な展開に発展したのに吃驚した。

雪山のサスペンス第三段!!

終始ハラハラドキドキで、疾走感溢れる内容で、読んでるこっちも手に汗握る程でした。

雪山もの3作目。前2作はゲレンデの特性を活かした設定でしたが、今作は雪山でなくてもいいような感じでした。
従来からの登場人物の関係にも決着がついたので、これでこのシリーズも終わりでしょうか。

あっさりしてます。

読者

8eda5f18 e89d 470c 9d22 c230d4201be759b5d0d7 efdb 4f49 85bd 375a1d54ba85F94d5b5c da84 4a88 a858 4b76264525e6C7ab8fdb a970 44b0 9fc0 c3793c6e85ebE344ca04 c576 4479 85dc 7c3c83597ed41a58a418 9404 4011 85da d661916a181fB1af5e4a 6068 44f8 b225 e7a3c5704390783444e6 84e8 4a08 94f2 1884cb6815b7 26人

東野圭吾の本

虚ろな十字架

虚ろな十字架

922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d

ともちゃん

本屋さんでは早送りの時間流れる

「死刑制度」「償い」がテーマ。(オウム真理教13人の実刑により考えてみようと…)お腹の奥底に重い石を投げ入れられた苦しい気分。考えれば考える程に答えが出ない。被害者も加害者も周りの人も、すべての人の些細な感情の動きを自分も持ち合わせている事に気づく。誰にもなり得る自分が怖い。

22日前

57e191c5 a69d 4aaf b8a3 5625582531f18a90727c f0b8 44dd a493 ed5e9e1eebb5425cdc95 0114 4195 b328 7c175935f06d 26
人魚の眠る家

人魚の眠る家

72c73e32 8bab 4dc4 92f2 8fbe56ff74a6

大学生② 土日に読み貯めます。

生きているとはどういうことなのか、今の日本の医療の在り方や臓器移植の問題について考えさせられました。 こんな介護の仕方があるのかと驚きました

約1か月前

57e191c5 a69d 4aaf b8a3 5625582531f1F7a1302b ab9e 4c05 82ee 2e133855b37e0508ce27 f36d 47ad 8a43 cd82b1c976ea 35
ラプラスの魔女

ラプラスの魔女

2e580590 9361 4a0f b7fc 3658d759d133

千野久美子

海の近くに住んでいます。

夢中になって読みました。 しかしさいご、あれっと思い結末だけを読み返しましたが、それまでの迫ってくる文章の最後としては、物足りなく思いました。

4か月前

C3d1845f 9b56 4c33 a555 61091d93e415733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac80c53aa4 34ca 4e28 addc 8b268be3bda4 67