51ittgjnzcl

前著『機械との競争』で衝撃を与えたマサチューセッツ工科大学のコンビによる、膨大な調査・研究に基づいたテクノロジーと未来を描いた全米ベストセラー (原題Th... 続き

コメント

働き方、テクノロジー、未来社会と自分たちのあり方を考えることができる一冊。

400ページを超える論考は多くの引用に支えられており、読み応えがある。

読者

E5682426 0fc4 481f a1db 3e52259892a945807d47 fbcd 4c67 a800 0cd4d91dbfe198d9c063 652e 4206 9e86 46d5ae0e2f69 3人

社会

41f9jbggcil
5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f

cobo

昔の記録に

ひょんな事から自民党から選挙に出る事になった、とある人(40歳男、東大卒、切手コイン商)の目を通して語られる、選挙、政治、議員生活、等をかなり柔らかい口調で説明した本です。 もう少し細かな観察や、もう少し深い考察もあって良かったかな?とも思いましたが、暇つぶしとして選んで読んだ割合としては面白かったです。が、特に大きく「知られざる事実!」は無かったです。私も決して政治や議員さんたちに興味がある方ではありませんが。最近のテレビニュース等でも拾える知識ではありますが、「自民党」という大きな組織に1度は入ったからこその視線がもう少し強く(認めるなり、批判するなり)出しても良かったかなと。 著者 山内和彦さんに最初に電話で「選挙の公募」の話しが来る辺りがもう既に普通の人ではないと私個人は感じました。心の何処かで政治家を志した事のある(そう、巻末近くに心情を吐露する部分があります)からこそ、何処かで政治活動に携わった事があったからの電話であったはずですから。著者のドキュメンタリー映画に対する少しだけの不満を同じ様に(私はまだ見てないので批判する立場にさえないのですが、この本を読んだ一読者の感想とお思い下さい)著者に感じます、仕方なく、本として面白い部分を持ってこざる得ないのではないかと。ドキュメンタリー映画と、同じ様に、文書にする部分、臭わせる部分、文章にしない部分を作らざる得ない様に、編集テクニックにより、ある特定の方向から 見やすく する事もあります。あとは読者や視聴者の判断ですから。ドキュメンタリーが真実ではないですから。リテラシーの話しですよね。 そんな所に興味がある方などに、オススメ致します。 2007年 12月

約6時間前

51dz3avu1ul
632383ed 6e1b 4578 882c a2dc1fb70cb5

sake_sake39

毎日、たくさんの方々に囲まれて生…

よくぞ出した!と思った。あっという間に読了!ニュージャーナリズムで1章取る等、いいね!新書の役割ってこれだよね。

4日前

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7fE72f28d4 a6b5 4141 939b e96b2ce9e59e5543d474 6380 4c2f b69a f80530976777
51 dz2yh9bl
E8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3c

toko

最近読書量が落ちてるのが悩み

被災地を巡る妻を探す雄鶏。写真ではなく風景画が記憶の中の情景のようで、本の形で残されるのが嬉しい。

4日前