61pnxognpzl

コメント

時空のゆがみ。そんなことがもしかしたら、自分が気がつかないうちに、起きているのかもしれない。いままさに、この瞬間にも。
自分の人生を振り返って、本当に後悔ないのか考える時間が、時空のパラドックスだったのかも。
自分の人生は自分で選んでいくしかない。どんな状況になったとしても究極その基本は変わらない。
明日が最後でもいいように
今日を全力で選択しよう。

死ぬというタイミングで起きた時空の歪み、せっかく生き残った仲間の中でも、対立してしまう人間の性。権力者の陰謀と身勝手さも良く書けていました。
僕自身、交通事故被害者て重度の後遺症の中で生きています。
あの瞬間に戻れるならと、考えてしまった一冊です。

SF版漂流記!!次々起こる脅威に続きが気になり過ぎて一気読みしてしまいました!東野圭吾さんって色々な作風があるんですね〜。凄いわ。 ラストが人によってはアッサリ感じるかも知れませんが、個人的に素敵に思います。苦難を乗り越えた日々の結果を一瞬で小さな控えめな描写で表現されているなぁと。これまでの日々がけして無駄ではなかったことを読者に想像させます。 ただ残念な人が1人いましたのはなんだったのだろう(^^;;

ことばでこれだけの世界を表現できることが、ただただ素晴らしいにつきます。

次々起こる出来事にハラハラ、ドキドキして、一度読み出したら止められません!
時間がある時に一気に読み切ることをオススメします!!

P-13現象。
平行空間の話。
実際にも矛盾を埋めるための、タイムパラドックスがあるのか…

読了。
もう少しハードSF感が、とも思いますが、これくらいが良いんでしょう。うまく読ませます。

いいのう
現代風なのかな
みんなキャラ立ってていい

当時東野作品の最新作だったこともあり購入。
なんの評価も見ずに読み始めたけどSFならではの面白さ

読者

D72a3222 91f0 40ad b34d 2642e29c3ad7Ee0f4619 0f4b 4035 96aa 44537c5295d56ad43702 cb02 47b4 89fd 60c9f90cef453590b799 a9c8 44d3 8631 92299c7033e3Icon user placeholderC6babf18 4a1d 4470 91fe 0ebd639a94d0E4fa74b1 6cb6 4a08 85bd c8ce2564b46e648cbff4 c642 4e0c 959e 1ea1f6aba07b 35人

東野圭吾の本

片想い

片想い

85c24291 c4b4 4b87 8d57 b9672f2a95f0

saki

よろしくお願いします

初めての東野さんの小説でした。あまりミステリーを読まないので、最初は軽い気持ちで読んでいましたが、だんだんと惹き込まれるあたり、さすがだなと思いました。物語を楽しむだけでなく、性についても考えさせられました。真実がだんだんと結びついていって、最後にひとつの線になる所がミステリーの面白さであり、その面白さにハマりそうです。

6か月前

642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74014253d4 6080 4951 9119 24735184a696Ee0f4619 0f4b 4035 96aa 44537c5295d5 20
マスカレード・ナイト

マスカレード・ナイト

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696

くすまり

読書だいすき

このシリーズ、全く読んだことがなかったけれど、いきなりシリーズ3作めから読み始めた私でも十分楽しめました!もちろん、シリーズ制覇したくなりました。ホテルでの大晦日のパーティーという設定や、コンシェルジュの存在など、三谷幸喜さんの「完全無欠のコンシェルジュ」や「THE有頂天ホテル」を思い出しました。

7か月前

Icon user placeholderIcon user placeholder68b548f4 59ef 4922 ac62 b25cc4725ea9 56