41dbtiugpcl

闇の中から一歩、また一歩と光射す方へ誘われる、「夜市」の著者の新たな到達点にして最高傑作。 続き

コメント

やっぱり短編集が好きだなと思わせてくれる
どれも面白い

天才恒川❗️
どれを読んでも良いねぇ、楽しいねぇ、まさかタイトル通りに竜の一生のお話とは思いませんでした、感慨深かったです。

読者

Icon user placeholder5c74e92a e061 464d 8727 474760c2e12b38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a217edee7be 7eac 4c52 9f31 bb42fc4518d532c25c04 6874 44c6 b646 8d917d1c4f6678c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaed7d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf92cc7c47 8c16 4ac5 8df8 1103aa1004c1 9人

恒川光太郎の本

白昼夢の森の少女

白昼夢の森の少女

359f49d4 c3a3 4dbf 8349 d1a93fcfac74

暇人

本の感想を書く場を求めて

人智の及ばない「何か」達が出てくる奇譚集。 実話怪談から幻想中編まで様々な雰囲気の作品があり、全部まとめて感想を言うのは難しい。 ので、今回は各話の不思議要素を大雑把に並べよう。 夏の満月の夜に、山を越えていく古入道。 一夜にして街と人を取り込んだ蔦と、取り込まれた人達。 時代と場所を行き来し、乗った人を永遠の旅に連れて行く銀の船。 こんな言葉に興味を持ったら、読んでみるのもいいですよ。一話が短いので読みやすいです。

5か月前

F38c1168 5758 46e2 87e9 cedb5ff8b86356a03690 63b8 4975 853f fac13092849bCb6fee81 97ab 4c85 9b00 6906ef9481a0