Btn appstore Btn googleplay
511dxbnqpgl

いつまで経ってもカウチから起き上がってこない息子を前にして、とうとう私はキレた。と同時に、人類と労働に関する歴史を遡る決意をしたのだった。私たちは、なぜ働... 続き

コメント

なぜ私達は働かない人に対して怒りを感じるのか、を追求すべく怠け者の歴史を掘り下げた本。確かにアダムとイブが楽園から追放された時に神が「これからお前たちは働かないと飯が食えない」と我々を呪ったように特に西欧においては労働とは原罪のひとつなのだという立脚点が興味深い。古代ギリシャにおいてもプラトンやソクラテスは労働とは奴隷がやるべきことであり文化的な人間は働かないのだ、ということを堂々と述べており、更に歴史を紐解いていくと労働とは忌むべきものである、という考えが脈々と続いていることが分かる。テーマは非常に面白いのだけど学者の書物にありがちな引用が多く持って回った表現の多用で読み難く結局何が言いたいのかいまいち分かり難かった。面白い引用やエピソードもいろいろ盛り込まれていたのにちょっと残念。

読者

D59b3adb 2ab9 420d 9ed0 8dd4e62a56b646baa3a2 b5d4 481f a76a 26f9ada3ac5508634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c 3人

社会

今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る

今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る

8749c1ec c17d 4c00 bef1 e22a2432ea3f

牛頭君

積読になりやすい技術系書籍や習慣…

2時間なので風呂に入りながら読んでます。kindle版なので絵図が少ないのかな? それでも全体量が短いのと、解説本だと思ってるので適当に流し読みしてます。特に小難しいことはないですが、全部頭に入れる気はないです。

13日前

Ff3afbab 83dd 4b22 a06f 13ff667288ad3347c90b 6fbd 44fb 8871 00e4c510331cIcon user placeholder 11
働くことがイヤな人のための本

働くことがイヤな人のための本

Icon user placeholder

夏風邪ポーラ

本を読みます

ぼくは正直、中島義道がかなり好きである。氏の文章は論理的であろうとしてもどこか暖かく、人間的な震えや揺らぎを抑えきれない。むしろ自分の中にあるそういったものを直視し、正確に言語化しようと努める。しかし彼はあくまでも哲学者たらんとし、センチメンタルやポエトリーに逃げ去ってしまうことはしない(他の哲学者からは感傷的と言われてるのかもしれないが)。本当に魅力的な人間だと思う。 だが氏はぼくの、あるいはぼくたちのそういった感情をあまり歓迎しないだろう。他人を崇めたり、愛し過ぎたりするな。孤独に、しかし他者と対等に関わり、自分の頭と身体で考えろ。弱さを軽蔑せず、しかし強く在れ。どの本を読んでも、こういった部分は共鳴してるように感じる。本書もそういった、厳しい部分があると思う。人によってはマッチョイズムや男性主義のように映るのかもしれない(明らかな読解力不足だが)。 文庫版の最後に、斎藤美奈子という評論家の解説がある。彼女は「哲学者などパンダやトキのようなもので、そんな希少動物が同じ希少動物の心配をするなど滑稽」という旨を記している。中島氏の文章はかなりクセが強くて偏っているのは間違いなく、それを真っ向から突っ張っていく解説は新鮮で笑えたが、しかし彼女の文章に対してぼくは何の温かみも葛藤も感じられない。フェミニズム系の論者だそうだが、フェミニストというのは他人の(特に男の)切実さに対してこんなにも冷酷な茶々を入れられるのかという薄ら寒さが残る。 しかし、中島氏は言うだろう。そんなことに怒ったり怖がっている暇があったら、どんどん外に出て、女性と話せ。傷ついて、怒って、悲しんで、考えなさい、と。

約1か月前

406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e97C621b69e e0ae 4d54 8711 e222efe90d54D7c79481 afa4 4b32 94de 00088e7e9de0
フォト・ドキュメント 世界を分断する「壁」

フォト・ドキュメント 世界を分断する「壁」

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

トランプが不法移民対策としてメキシコとの国境に壁を作る、と言ったときにはなんと馬鹿なことを言うんだと思ったのだけど、ふと前から壁があったような...と思った時にちょうど目についたので手にとってみた。やはり随分前から壁があって場所によってはかなり立派な。そして自警団的に休暇を利用して国境警備をしている一般市民までいる。トランプみたいにtwitterで言わないだけで例えばオバマ政権のときも160万人以上を壁のところで捕まえて阻止している。ほぼ同じ民族、文化を有する人たちを分断する物理的な壁ってバカバカしいと思うのだが本作のようにたくさんの写真まで掲載されるとその思いが更に増す。有名どころでは38度線、イスラエルの入植地、北アイルランド、マイナーなところだとキプロス島、モロッコが西サハラに敷設したもの、そのモロッコにスペインが飛び地を主張して敷設したもの、インドがカシミールに敷設したもの、同じくインドがバングラディシュとの国境に張り巡らせたものなど。分断のばかばかしさと不条理さを理解するにはうってつけの作品だと思います。

約2か月前

A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261C335b1d3 ec69 47b0 b017 eb7221575797