Btn appstore Btn googleplay
51br28jqf1l

「一緒に日本での事業展開を考えませんか」-1992年末、スターバックスCEOのハワード・シュルツに送られた一通の"ラブレター"。送り主は、アフタヌーンティ... 続き

コメント

この本は、ビジネス書ではなく物語。

「スターバックス、なんか持ってるんだよ」
スターバックスが生まれた理由のひとつ。

理屈じゃない成功者のセンスがカッコいい!

情熱から始まった日本のスターバックス。
そして成功が積み上がると、利害関係者での厳しいビジネスの交渉。

あれだけのブランドを築くまでの道のりはやはり険しく参考になる。

スターバックスの冒険は今も進行中。

サザビーがますます気になった。よきかな。

読者

Bf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c97Icon user placeholder3665eda2 3d97 4fb7 958e c54d92fc4a00B6726f9a f4ff 42cd ac37 63324f4bdff2Icon user placeholder0f47945c ebf6 499b b6af 2f43fc6d84a50cfcd8d3 edeb 4e47 94ab 7b01b9a42c4a5f3f266b e8b2 4776 bbce 2ecc090622b4 8人

ビジネス

逆・タイムマシン経営論 近過去の歴史に学ぶ経営知

逆・タイムマシン経営論 近過去の歴史に学ぶ経営知

34039ca4 a3a8 47b9 a6f9 06e296c4ddd6

Kazutaka Takao

読書は自分の思考回路のチューニン…

今までモヤモヤしていた感覚の源が3つのトラップにあることがわかった。同時代性の罠、自分もその時代々々の罠に引っかかっていることが多いかもしれないなと思った。特に勉強熱心で最新のコンセプトや世の中の動向を知ることに熱心な人は要注意。罠にハマりやすいらしい。

24日前