Btn appstore Btn googleplay
51y%2blfc6jol

八神俊彦は自分の薄汚れた人生に区切りをつけるため、骨髄ドナーとなり白血病患者を救おうとしていた。しかし移植を目前にして、都内で連続猟奇殺人が発生。事件に巻... 続き

コメント

逃亡・追跡もの。深く考えず楽しんだもの勝ち。

グレイヴディッガーの猟奇殺人は本当に読んでて怖かった。。

読者

C06c8117 e1ff 464a a0b3 a143c2552a59458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c25840061e e30d 4972 9035 47bc120185df 3人

高野和明の本

13階段

13階段

Cf2696c2 2b3a 4fd6 9146 4fa873b17527

さくチロ

読書は人生の道標☆

死刑執行までの限られた時間で無実を証明すること。最初から最後までスピード感よく、ジェットコースターサスペンス☆ハラハラ・ドキドキの連続でした

1年前

3d8b2a69 4198 4cc8 aefa bfcfee9a60e7Icon user placeholder4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8 10
グレイヴディッガー

グレイヴディッガー

Afd18f1c 2020 4007 bec7 6d9c5b85871f

桐野

東京の小学校で日々、子供たちとじ…

東京がとても広く感じる本。 市井の名もなき悪党が巨悪を滅ぼす瞬間がとても痛快だった。 ただ、幽霊は出して欲しくなかった。

約5年前