Btn appstore Btn googleplay
31flrxe0y1l

私たちは、日本軍、とくに日本陸軍というと、空疎な精神論ばかりを振り回したり、兵士たちを「玉砕」させた組織というイメージがあります。しかし、実際には、「玉砕... 続き

コメント

主旨は戦時中の米軍資料から当時の日本軍の状況を読み解くというものなのだけど、日本側の資料ともきちんと比較されているし、筆者の意見も他の研究者がどういう見方をしているかまとめた上で紹介されていて、勉強の入り口としてとても良い本だった。

自分の中で「日本陸軍の狂気」としてひとくくりになっていた史実がひとつずつ分解されて解像度が上がった気がする。次は大本営で何が起きていたのか知りたい。関東軍についてと、日中戦争時の情勢はまた別に勉強しよう。

恒石重嗣の「人命の喪失は死を鴻毛の軽きにおく日本人と異なり、彼等(米軍)には深刻な問題であった。ことに世論を尊重する民主国家であるだけに、この点は対米宣伝上もっとも効果あるポイントであった」という、非効率な自殺攻撃も合理的な戦術とする理屈が印象に残った。

読者

B2800c38 e9b8 4ada be0b 85374fb62dfaB375be79 7c55 461e 84e4 9501d6b7d83e