51psnjd sgl

ベストセラー『人生の終いじたく』では、「80歳ごろには死ぬはず…」と語っていたメイコさんも、今では82歳。舞台公演に、テレビ出演に、講演会に……と、『終い... 続き

コメント

気になって手にとったらいっきに読んでしまった。

読者

8b153b9d 912f 460b 87ff cf2ab8fc2ad0

文学

紅霞後宮物語 第零幕 三、二人の過誤

紅霞後宮物語 第零幕 三、二人の過誤

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

まだ若い文林は、若いというより青くて、若い小玉は、若いはずなんだけど器用で。 ずっと描かれてこなかったあの夜の詳細が書かれていたり、帝姫との日々が書かれていたり。小玉のお兄さんお母さんのことも出てきて。小玉は家族思いなのに甥っ子ばっかり書かれていて、そのほかの家族が書かれるって珍しいかも?

約7時間前

菩提樹荘の殺人

菩提樹荘の殺人

B605ce13 5449 414b 9e26 419cc8fff1e7

ねこのすず箱

主にミステリを読んでいます

若さがモチーフの短編集。大学時代あり、少年犯罪あり。さっぱりと読めてしまうのは、半分ドラマで先に観ているからか。有栖川先生処女作についての衝撃は初出の方があったけど、伝えるのはこの事件なのだなあ。あとがきで永遠の34才について触れられている。スマホが出てくる。

約9時間前

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdIcon user placeholder
滔々と紅

滔々と紅

6f40c558 2efe 4d43 b658 ffbf72a47bd7

オオトモ

乱読家

芸術性とかそういうのはさておき、本当に「いい作品」って結局のところイコール「読ませる作品」なのだと思う。 そして、そういう意味でこの『滔々と紅』は「いい作品」だ。 文章とか言葉のセンスとか全体的な文体とか、その辺の印象はあんまり無かった(あくまで主観)けど、「読ませる」という点でこの作品は非常に優れていた。 主人公 駒乃が貧しい農村の少女から、吉原に咲く美しい花魁へと成長していくという、一見ありがちなストーリー。けれど、この作品には他にない「納得感」がある。 駒乃が少女の頃の真っ直ぐさと豪胆さを忘れずに美しくなってくれたこと、幾多もの出会いと別れの後に選んだ最後の生き方。 駒乃の生き様を垣間見てきた読者(わたしたち)に違和感なくそれを受け入れさせ、「読ませる」のがすごいなあと思った。

約9時間前

Icon user placeholder05b76f0f 8b0c 4d32 9574 36be340def81Ec590c29 e53f 46eb afb0 d6ac20a94e00
鬼煙管 羽州ぼろ鳶組

鬼煙管 羽州ぼろ鳶組

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

個人的に今、一番ハマっている時代もの娯楽作品。楽しみを後回しにできない弱い人間なので次々に手に取ってしまう(笑) 本作では舞台が京都に設定されており京都町奉行の長谷川平蔵(あの鬼平の父親)から支援要請を受けた主人公たち江戸の大名火消しの主要メンバーが慣れない京都で連続放火魔に立ち向かう、という話。朝廷と幕府のある種の争いが背景に設定されておりスケールの大きな事件が描かれている。四作目の本作でもテンションは全く落ちておらず見事な出来。はやくも次作が読みたくてたまらない。お見事です。

約10時間前

721ff227 6404 486e a136 194741a375b41525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4