Btn appstore Btn googleplay
51zicsegbzl

モノを最小限に減らすミニマリストという生き方。常識にとらわれない豊かな暮らし。 続き

コメント

ミニマルな生活がしたいなと思っていたところにちょうどいい参考書。
版元の編集者だけあって、読み手が凄く意識されているように思う。人間臭さが伝わるのも好印象。

モノが溢れかえっている今、モノに振り回されずに自分を見つめなおせる良書だと思います

この本のおかげで本を売りに出せました!私たちにはStandがある

机、本棚、ベッドを家具買取に出せたときには、ミニマリストを自称します

大事なことに気付かされた一冊。
何も持たないって、この人何考えてんだ?と思い読んでみたが、なるほど!と思うところはかなりあった。
モノを持たないということは、人間の本質に迫る行為なんだなと思った。

やー、モノをかなぐり捨てたくなりますね笑 自分には余分なものが沢山だ〜 自分が思ってたより人生はもっとシンプルでじわっとした幸福で出来てると感じました。コレで生き方、変わる人、いると思いますよ。

流行るだけあって説得力ある。ミニマリスト、なかなか理にかなってておもしろかった。
すぐ行動に移さないとナアナアになるからアプリ減らすことからはじめてる。

本を買うタイミングがあるんじゃないかといつも思っている。それは誰かに勧められたというのからもっと先、自分のなかの考えとか行動とかそういうのが成熟してきて必ずその本を手にとるタイミングがある。

この本もそうだった。よく話には聞くがたぶん、去年の僕には早すぎた。きっと、真面目に書き始めて、走り始めて、たまたまタクシーの運転手に鈴木大拙館を進められ、中沢新一がレンマ学を書いて、、、、というのがなかったら、この本のありがたみはわからなかったと思う。

ミニマリズムは「生実感」だと思う。それは手応えのある、いまここにフォーカスが当てられる。そう考えると、書くも走るも「ここ」のはなし。アインシュタインの「過去・現在・未来という区別は幻想だ」という一文が引用されているけれど、時間とは相対的なもので、他からみれば過去が未来でもありうる、、、。だから相対的な「今」ではなく、過去でも未来でもなく、「ここ」しかない。

さいきんどうにもメディテーションとか禅とか、そちら側に惹かれている。ひょっとしたら生まれたときからあのなんとなくぼんやりとしたヴェールにつつまれてぼやけているようにみえる世界をよりクリアにしたいと思っているからなのかもしれないと書きながら考えている。

書く、走る、整える、禅、中沢新一。うーん、なんかこっちのほうみたいだなぁ。

ちまたを賑わせてるミニマリストとは。この本を読めば理解できます。彼らがミニマリストとなりものを減らすのは、目に見える結果のためではない。その点が、自分の話を交えて書かれています。少し、スティーブを引き合いに出しすぎだけど。

「捨てて後悔することは1つもない」
捨てる方法から、ミニマリストになって変わったことまで、わかりやすく書かれていて読みやすいです。

出来ることを一つ一つ。
ただ、少し極端な話もあり。

モノを減らしたい。本自体はちょっとダラダラしてる。

「人目線のためにある物は捨てる」
自分では、趣味、好きな物、と思って溜め込んでいた物が、この本を読んで、そうでもなかった事に気付きました。

家にはいつか使うかも…というモノばかりあった。でもこの本を読んだらそうゆうモノを躊躇なく捨てるようになった気がする。まぁまだ家はモノが多いままなので、ミニマリストになるには程遠いけども…

断捨離からミニマリストへ

0146
2019/09/29読了
ミニマリストに憧れる気持ちはあるけど、私は多分ここまでにはなれないな。そういう思い込みも断捨離しろとあったけど…。
ものが少なければ考えることややることが減るので良いことではあるんだろうなと思う。
ゆるく自分の定量を見定めていきたい。

片付け本の中で1番のお勧め!ミニマリストとは心の重荷をも片付けられる人のことなのだと改めて思う。これ以外の片付け本は、私にはもう必要ない。

ちょっと方向性が違うかな

僕の生き方を変えた一冊。

極端な例もあると思うが、ミニマリストとは人と比べるものではなく全ては自分基準だというところがよかった。

少ないもので生活する素晴らしさに気づかせてもらった。

単なる断捨離本ではなく、これからの情報、モノに対して考えさせてくれる。ミニマリストになりたい(⌒-⌒; )

読者

3ad5edaf 2c78 40ec bb27 c54fdb4821a0C88b2c25 8661 4f1c 9705 597a8e63053166caf9bf 6223 40e6 b36e 71953450cae9F0314fe3 4444 4313 9212 c760560da60494034913 6b7c 4b5c b77a 4e6aef3eca1c61aae501 0243 4cc6 8ca9 66277c9941544fce670e 6049 4aa0 8bcb 05ec248d276fAd74c3c6 25d5 46f5 a4c7 6d4d33dc0230 122人

佐々木典士の本

ぼくたちに、もうモノは必要ない。増補版

ぼくたちに、もうモノは必要ない。増補版

810ac2a0 6e91 415d 9d09 6a9725b9aafd

ヤマバヤシタカシ

I am minimalist.

ワタシをミニマリストに誘ってくれた本を再読。ミニマリストのその後について、増補されているのを楽しみながら、かつてを思い出しながらの読了。ミニマリズムは完成するという誤解が解けた。それだけでも手にして良かったと思う。「自分の人生を生きる。」ミニマリストになったあの日から今まで、そしてこれからも、もうブレることはない。

11か月前

Icon user placeholderIcon user placeholder8de8bf8e 435d 45c1 9e9c a2a62585b705
ぼくたちは習慣で、できている。

ぼくたちは習慣で、できている。

B6726f9a f4ff 42cd ac37 63324f4bdff2

ハイパラ@ミニマリスト

読みたい本が、いっぱい!σ^_^…

献本いただいて初めての本。ミニマリスト本でヒットを放った著者による、習慣本。ミニマリストであるワタシも、更なるステップを求めてじっくり読ませていただきました。腑に落ちた一冊!

約2年前

Icon user placeholder0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cC0b12dbb 5307 4c85 a93b 1b27f63abe57 63