Btn appstore Btn googleplay
51gorex7kwl

貌のない神は、喰う――。赤い橋の向こう、世界から見捨てられたような禁断の地にさまよいこんだ私。 かの地の中心には、顔のない神が坐して、輝きを放っていた。万... 続き

コメント

H29.5.6読了。
白っぽい霧にずっと包まれているのに、周りの者は狂気と共に鮮やかに描かれている。

とても良い❗️読んだ後、満たされた気分になれる。
オススメ

短編だけど、一つ一つの話が濃厚だった。

読者

200cef13 563f 4e85 b40c 9d1c0035d8a0Cb6fee81 97ab 4c85 9b00 6906ef9481a05c74e92a e061 464d 8727 474760c2e12bF38c1168 5758 46e2 87e9 cedb5ff8b8637d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bfF952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b440ae2b6dd e217 4880 8508 2f16c668ccf716bd3bcd 3e8c 4a6e 8395 6b97cf6f35ad 15人

恒川光太郎の本

走る?

走る?

D8f80c25 469e 4d37 8112 5d70760370f5

すけP

不思議恐いのが大好き。

恒川光太郎目当てに購入。☻

1年前

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c66e13f48 e921 4b68 b385 2cd454af44aa