Btn appstore Btn googleplay
41cw6rjogul

四人の声で語られる百年の物語。フィンランドの新鋭、衝撃のデビュー長篇。助産師として強く生きた祖母。写真技師だった奔放な母。子供好きで物づくりに長け、若くし... 続き

コメント

これはフィンランドの小さな村に住む、ある家族の物語。
この家には、伝えなかった言葉があり、使われなかった拳銃があり、燃やされた手紙があり、家族にさえ言えない秘密がある。
互いの胸のうちに秘密を抱えたまま、理解できない家族のふるまいに怒ったり泣いたり傷ついたり…それでも、毎日を生きていく。
そんな家族の100年の物語。

本書はマリア、その娘のラハヤ、ラハヤの息子の嫁カーリナ、そしてラハヤの夫オンニの四人の章に分かれている。
数年おきに起きる小さな事件が、時代を行ったり来たりしながら語られる。
違う章で同じ出来事を違う人物が語ると、出来事はまったく違う様相を見せる。
秘密を明かさない故に、寂しさも愛しさもまっすぐに伝わっていないことが読者だけはわかる。
それが本当に、せつない。

ただよく読むと、実は彼らの秘密はいつの間にか次の世代にひそかに伝えられていることが分かり、それはそれで救われる思いがする。
そして、その秘密の最後の継承者が血の繋がりのない嫁カーリナであることが、またいい。
この家の秘密は、血ではなく、それを引き受けられる強さと感受性を持つ者に継がれていくのだ。

読者

590fa097 671e 4e31 a14c 406731ceda491131e11c e71d 413a a91e 53b43bdc35237dc31196 ce6d 4f1a 85b0 9865db8e028284bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae7A0c83aa7 024d 4bf8 b6a8 c554669d0e4d84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a969038e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b18239b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d 8人

文芸

ホット・ゾーン

ホット・ゾーン

64e50687 d69c 4a16 9e02 a2dc2e49048a

HSSISOLATED

人生で何度目かの読書熱

捕食者だ。 生き物が病気になり、それを治癒させるのは薬や外科的手術ではない。 病気を治すのは元々ヒトに備わっている様々な免疫系ないしは生の本能、すなわち自己治癒力であって、医療者はそれを促進させる存在に過ぎない。 医療者が自己の万能感や無力感に飲み込まれないために、そして実際、疾病の治療機序はこの自己治癒力に拠るところが大きい。 しかし、このエボラウィルス(フィロウィルスというべきだろうか)はヒトの免疫系を瞬く間に喰い尽くし、「崩壊」させ、さらに感染を拡げるために大量出血という手段で「爆発」させる。 気付かないうちに、或いはほんの少しの油断という間隙を突いて、襲いかかってくる。 そのありようは効率的に、より多く少ない手間で喰いつくしてやろうという意志をもった捕食者のようだ。 この恐るべき捕食者を電子顕微鏡で捉えた写真が挿入されている。p.139/424-425 これらは印刷されたただの写真に過ぎない。 それでも触れたくない。 これに触れれば、爪の間から、目から入り込み、身体の内側からじっくりと、しかしあっという間に喰い尽くされてしまうのではないかと心気的不安に襲われてしまう。 そして、感染症の恐ろしさは気付かぬうちに、市中の汚染は爆発的に拡大し、知人・友人も感染しているのではないか、という心気的な、或いはパラノイアを助長する。 『その顔は能面のように硬直し、体中の孔から血が流れていた。血は檻の下の金属の受け皿にも落下していた・・・・・・ポタッ、ポタッ、ポタッ。』P.359 恐るべきことにこのエボラウィルスとCovid-19には類似点もあるようだ。 もちろん、エボラとコロナでは系統が異なるだろうがしかし、免疫系を深く傷付けるという点では似ているだろう。 だからこそ、HIVやエボラに用いられた薬をCovid-19にも治療薬として類推適用しているのかもしれない。 Covid-19がどこまで予見可能だったのかはわからない。しかし、既にエボラ出血熱の危機に見舞われた際、備えを万全にしておくという知見は得られていたはずだ。 これは欧州のみならず、毎年新しい感染症の流行に見舞われるアジアでは尚更、準備と迅速な対応が必要だったのは間違いない。 『”チャンスは日頃準備を怠らない人間に訪れる”』P.176 残念なことに日本を含めた多くの国でこの準備は不十分だった。 そこで黒死病、天然痘流行の頃と同じ原始的手法をとった。 「逃げる」ことだ。 都市を封鎖し徹底的に接触を避けることで捕食者から逃れようとして、それは成功と失敗と一進一退の戦況だ。 日本の場合、縦割り行政、政策立案者たちの忖度や事なかれ主義、文書の隠蔽といったこの社会の悪しき面が表出してしまった。 米国型のCDCを設立すべき、といった議論もかつて、そして現在唱えられてはいる。 しかし、行政は社会を映す鏡でもあり、形だけ日本版CDCをこしらえてもうまく機能するとは思えない。 特に、平時・危機対応時問わず最前線に赴く高度な教育と訓練を受けた学位取得者、専門職の地位が極めて低いこの社会では尚更だ。 米国でさえ、CDCとUSAMRIIDとの縄張り争い(迅速に妥協できるのが米国)、戦闘行為ではないので消毒作業に危険手当は付かない云々があるのだ。 米国でさえ、だ。 従って、ただこしらえを作るだけでなく、この国の行政から考え直す必要があり、これは20年は必要だし、その間にこの国は衰退しているだろう。 この本でも、新しい感染症の発生と爆発的な拡大に至る原因は地球環境・気候変動、未開地の開拓など、ヒトの生存圏の拡大であるとしている。 グローバルサプライチェーン。 00〜10年代にかけて拡大され、整備されたこの鎖から解き放たれた生産、物流、購買、そして生活を送ることは不可能だった。 しかし、空路・海路・陸路と道を作ったおかげで、ウィルスの移動も容易となった。 それだけでなく、より安価な人件費、より安価な原材料を求め、開発が行われる。 ソフトな帝国主義・重商主義だ。 特に、10年代から中国はとてつもない勢いで交易圏を広げ、特にアフリカの開発は猛烈だ。 そして、世界経済が滞った時、最初に犠牲になるのはアフリカ諸国だ。 80年代から90年代にかけてエボラ出血熱の流行時に村落が消滅したように、現在も生活を失う最初の人はアフリカの人たちだ。 やがて、新興国からOECD加盟国へ伝播して、日本も同じ道を辿る筈だ。 各国で経済水準に違いはあれど、最初に苦しむのは貧困層、社会的弱者になるだろう。 従って、危機にあって連鎖を止めるには、下支えこそが川の上流となるはずだが・・どうだろうか。 エボラはどうやらエボラ川流域、エルゴン山のキタム洞窟まで遡る事ができるようだ。(マールブルクウィルス) Covid-19は武漢が最初のホットゾーンとなった。 しかし、このウィルスが本当に、真にどこからきたのかはわからない。(2020年6月2日) 動物、哺乳類なのか爬虫類なのか、昆虫だろうか。それとも研究所やマッドサイエンティストからのリークなのだろうか。 根源を辿るハンティングは憶測の域になり、陰謀論にまで逸脱している。 Covid-19がもたらしたのは感染症そのものの症状と死だけでなく分断やパラノイア、心気不安までをもたらしている。 生体の破壊だけでなく、経済や文化芸術、良心といった生活まで破壊されつつある。 相互不信感は人種差別を助長し、行政の横暴とデモ、暴動と略奪に至っている。 この本はSF小説のような物語としての面白さがあるノンフィクションだ。 綿密な取材と科学的裏付けに基づいて書かれている。 だからこそ、もう一度読んで理解する事もできる。 即ち、文化芸術活動としての読書を通じて、書店業・物流業の収入となって、店舗を維持し労働者を幸福にさせる。 もう一度読み、理解を深め、次の準備とするためには生データを収集し、保存し、研究者らが自由に用いる事ができるようにしなければならない。 残念なことに、このCovid-19にあってエビデンスは恣意的に操作され、貴重な生データは破棄されているのかもしれない。 果たしてその行為は国民・人類を守れるのだろうか。 敵は批判者や特定の人種、ましてや己の自己愛を刺激する情報ではない。 捕食者だ。

約2時間前

ホット・ロック

ホット・ロック

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2020/06/01 読了 何故か「ホット・ロック」がなく、「強盗プロフェッショナル」も、さすがに茶色く変色。 で、どうしても読みたくなって、ネットで検索。 便利な世の中になったものですね(^。^) 復刻版の新品が手に入りました。そうだった、そうだったと思いながら、懐かしく読み終えました。 宮部みゆきの解説の中で、ドナルド・E・ウェストレイクの名前を見つけ、あゝ、宮部みゆきと同じ本を読んでいたのかと感動した記憶があります。 DVDも買ったので、後で見よう。

約13時間前