Btn appstore Btn googleplay
51rhj4htc1l

の意識の核に思考回路を組み込んだ老博士と再会したは、回路の秘密を聞いて愕然とする。私の知らない内に世界は始まり、知らない内に終わろうとしているのだ。残され... 続き

コメント

村上作品は長期戦を覚悟しないと読めない。途中で飽きるわけではないけど、不思議で展開とか話のつながりが読めなかったりするので気持ちが離れがちになる。けどそこを補ってあまりある情景表現と物語の謎の魅力に惹かれてか、結局最後まで読む。これもそんな感じだった。もっと想像力豊かだとこの小説の感じ方変わるのかなーって毎回思う。

読者

Btpz238j normalQvbsav81 normal60a2dc07 265f 462e 894f 3f8d51edfd2b7012efe6 485d 4f27 8094 10c0782d615990a75e30 a2dc 40fc b779 5ebad57b901dA10abdb8 2d0d 4f3a 8906 03e246c19af3D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe053f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d35832 12人

村上春樹の本

辺境・近境

辺境・近境

Icon user placeholder

baro1n231

旅行をするという行為は、人に意識の変革を迫るもの、そして疲れるもの。日常から離れながらも、同時に日常に隣接しているか。 アメリカに1年いたときを思い出したな〜。 村上春樹もウィスコンシン州行ったことは個人的に嬉しい。

9日前

8511289b 8a2d 4fa4 8680 b8977f191636A20c6877 009d 4922 a0f4 4304c9f6c749E638be73 d93b 4e1e 9581 7524f4f02714
「象の消滅」 短篇選集 1980-1991

「象の消滅」 短篇選集 1980-1991

E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a

kasa

旅行や食に関する本、 海外文学、…

17の短編 午後の最後の芝生が今の夏の季節と相まって良かった。 実在の地名が出てくるので想像がふくらむ。 飯田橋や駒込、小田急線など、距離感だとか山手線逆に乗ったとか、よく分かるのが嬉しい

約2か月前

Dd15e820 db42 44ad 9f27 88f6fce2f87c151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2415dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f 12
村上T 僕の愛したTシャツたち

村上T 僕の愛したTシャツたち

A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a

まる

発芽マニア? 旅と文庫本とビン…

この本の中で私が着たいTシャツはやっぱり、安西水丸さんのナマケモノTシャツかな。あとはレコード柄全般に、書体がいいなと思うレタリングTシャツ、あと森林火災防止とヴェンチュラ・サーフショップのTシャツもいいな。 村上春樹氏は小説よりもエッセイやコラムが好きです。邪道ですかね?

2か月前

7a8d9b9d 172b 4a9b a1da 7da3fef8e3bdAb6ab138 80d0 49e5 a094 7d6c280f8e04Bbb39884 bff1 42f3 b207 c4b411623b37 21