Btn appstore Btn googleplay
51rhj4htc1l

の意識の核に思考回路を組み込んだ老博士と再会したは、回路の秘密を聞いて愕然とする。私の知らない内に世界は始まり、知らない内に終わろうとしているのだ。残され... 続き

コメント

村上作品は長期戦を覚悟しないと読めない。途中で飽きるわけではないけど、不思議で展開とか話のつながりが読めなかったりするので気持ちが離れがちになる。けどそこを補ってあまりある情景表現と物語の謎の魅力に惹かれてか、結局最後まで読む。これもそんな感じだった。もっと想像力豊かだとこの小説の感じ方変わるのかなーって毎回思う。

読者

Btpz238j normalQvbsav81 normal60a2dc07 265f 462e 894f 3f8d51edfd2b7012efe6 485d 4f27 8094 10c0782d615990a75e30 a2dc 40fc b779 5ebad57b901dA10abdb8 2d0d 4f3a 8906 03e246c19af3D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe053f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d35832 12人

村上春樹の本

猫を棄てる 父親について語るとき

猫を棄てる 父親について語るとき

D7f82aff 40b8 4edd befd 9f95dda77deb

みかんぼうや

電子書籍ラバー 記憶に残すために…

著者が自身の父について記憶と下調べをベースに回顧する。著者の父は青年期に戦争を経験し、実際に何度か徴兵、出兵した。戦争について多くを語らなかった父ではあったが、数少ない父からの情報や、在籍していた部隊の史実から想像される情報から父が戦争からどのように影響を受けただろうかを語る。 父にインタビューをしたわけでもなく、多くの情報はないが、著者の美しくスムーズな文章と少ない情報を徹底的に下調べした事実から、戦争の惨さや戦死しなかったとしてもいかに一塊の青年を傷つけただろうかが想像できる。 著者が後段で語る。"我々は、広大な大地に向けて降る膨大な数の雨粒の、名もなき一滴に過ぎない。固有ではあるけれど、交換可能な一滴だ。しかしその一滴の雨水には、一滴の雨水なりの思いがある。一滴の雨水の歴史があり、それを受け継いでいくという一滴の雨水の責務がある" 非常に短い本で、感動する小説でも笑えるエッセイでもないが、パパッと読んで、日本の歴史や、父子の関係、などについてぼんやり考える軽いおやつのような本。

21日前

42caa8a2 9df5 4e10 8400 3ef147c93a3e92a74c15 b62c 414d 8546 6351ea43f7f59f9b848f 3cf4 4d89 a43f 1a3dba9878f0 40