41c60e7nekl

コメント

利休がその時代にどんな存在だったかとか、何を求めていたのかとか、茶道とか。

利休おもしろい。
も一回読もう。

利休知らなかったけどすげーって赤瀬川がいってて赤瀬川すげーってなる本

茶の湯の事なんて全く知らなかったのですが、まんが「へうげもの」(山田 芳裕著)を読んで以来、凄く気になるようになりました。また、その当時の人物、文化、歴史の事が、いつもの通り私にはマッタクわからないので、ちょっとネットで調べていたら、気になったのが、赤瀬川 原平が書いてます!!トマソンの赤瀬川さんですよ!!で、興味が湧き、読んでみました。まだ完結していませんが、マンガ「へうげもの」も、かなりオススメ致します。

千利休という人を路上観察学会の、物事を様々な角度から考え、なお、楽しもうとする方からの考察が楽しくないわけありません。

要約してしまうと面白くないので、興味のある方には是非読んで頂きたいのですが、まるで禅問答です。そして日本人論にも話しは広がります。考え方の柔軟性が求められる本でありますが、レベルは違いますけれど、山本 七平著「『空気』の研究」と同じくらいの目からウロコ本です。様々なことに波及する考え方を分かる本でもあり、それでいて笑える楽しさを両立させられる稀有な感覚の持ち主、赤瀬川さんの本です。反復する儀式の、あるいは○○道のような真面目な哲学的面白さを、そして真面目が滑稽に繋がる、笑える側面もまた認められる方におススメいたします。

2008年 3月

読みたい

読者

C65c5a9d 7736 4260 8804 10f826cbcf695dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f4a802ab9 065a 4d7a 8df6 ad0a4ece460fC42b6c13 357a 4df7 8168 77c3a8daceca7675e08e ca1c 4a82 b72c 3459bf81d1aeSmallpolo normal24c786f2 41ca 416a b68b 2baac00114d3703d898c 8fa6 40cd abb0 50d637a650fb 11人

赤瀬川原平の本

よみもの無目的

よみもの無目的

2e879b8e 9c34 4e40 beae 7f7b9120a15c

shosai_

読了 積読 ほか

無に意味を持たせることの意味こそ無意味 何気なくとった写真のすべてに意味がある あなたのカメラロールはどう?

5か月前

赤瀬川原平の今月のタイトルマッチ

赤瀬川原平の今月のタイトルマッチ

17d8a33a d031 4cfd b471 4f74fb4a3af9

Komagataya

主に理工系かなぁ

赤瀬川さんは、毎月3冊分、タイトルだけで見て、1冊あたり200字程度の文章を書く、という連載を資生堂が発行していた花椿に掲載していた。その連載の1997年1月から2000年4月に掲載したものをまとめたのが本書。ちなみに何でちゃんとした書評ではなく、タイトルだけなのかというと、本書の冒頭で、赤瀬川さんは厚い本を最後まで読み切るのが苦手、ということが書かれていて、それを逆手に取った企画ということでした。

1年前