Btn appstore Btn googleplay
41oibew05pl

『世界はフムフムで満ちている』で鮮烈なデビューを飾った金井真紀が、長良川の鵜飼からパリの「エコ鶏」まで、はたらく動物と、ともに生きる人間を描き出す。 続き

コメント

仕事との向き合い方を模索する中年オヤジに柔らかい刺激です。明日も生きていけそう。

読者

5728673c 5af3 4736 9c56 4c7c0213fd3b7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5

金井真紀の本

パリのすてきなおじさん

パリのすてきなおじさん

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

おじさん好きを自称する金井さんとパリ在住の案内人広岡さんのパリ、おじさんを訪ねる旅。 一見軽い調子に見えるが、実際にはテロや移民問題で揺れるフランス、パリの現在が垣間見える貴重なレポートで、一人一人のおじさんとの触れ合いに「多様性」という言葉が何度も頭に浮かぶ。 みんな同じフランスという国に住んではいるけれど、人種も宗教も職業も年齢もばらばらなおじさんたち。 どの人にも語るに足る物語があり、どの人も自分らしく生きるという気概を持ち、どの人も人に優しくすることの大切さを知っている。 もちろん人選の妙はあるとは思うけれど、あとがきにあった案内人である広岡さんの 「この旅は、人間というもの、生きるということの破片を集める旅だった。」 という言葉が本書の本質を表しているような気がする。

約2年前

De55968b 7fe0 4bac 870c 87e236cf5d345e62987e c886 487d 91ca 2aca587e5c793a955047 feac 48aa a31a d4338002c704 19