Btn appstore Btn googleplay
519xxuzfjhl

街のなかにも「森」がいっぱい! 全国3000箇所以上もの森を歩き続ける「森の案内人」の目を通せば、 街なかの道路、路地に自然があふれているのがわかります。... 続き

コメント

面白い!

「木のみかた」 三浦豊さん著。

私も2年くらい前に、草舟に通うようになってくらいから、東京の家の周囲の草木をより身近に感じながら暮らしてきました。線路脇のミント、水仙、野菊、彼岸花、朝顔、昼顔、おしろい花、菜の花、苔たちの動向が気になったり、道の脇の隙間から生えてる苔に夏の暑い日は水をあげたり、道の溝の下から生えている芝桜やスミレの様子に気を配ったり。
公園の階段の隙間から、手のひらサイズの草の集団が顔を出していたりすると、可愛くて立ち止まって挨拶します。
確かに、日本はいたるところ、”森”、”盛り”の可能性を秘めた草木が満ち満ちています。
私は何年か前まで草木や山に何か申し訳なく、人類として、と同時に無力感を感じていましたが、最近は彼らの生命力の強さを感じると同時に、彼らの明るさ、楽しさやワクワク感に焦点が向いてきました。これからの人間と草木、森、林たちとの関係の可能性を感じずにはいられません。

この本は、三浦さんの言葉のセンスを感じる本当に素敵な本です。
現代を生きる日本人の視点、草木に対する心の目が多分この本を読むことで変わるんじゃないかな。
三浦さんといつか森を歩いてみたいなと思いました。

読者

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cE45e7c44 7e83 453a 9529 9bab5b5f1d6f

文学

本は読めないものだから心配するな

本は読めないものだから心配するな

06336804 0c03 46fe 9cbc 01f7d99feb67

コワルスキー

ブックオフに生息していました

題名に惹かれて読みました。 本を読まない方ではなくて本を沢山読んできた。 本は読めないものだから心配するな。 背中を押して貰った気分です。 ボチボチでいいから読書します。

約8時間前

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cIcon user placeholderA4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186f 17
誘拐症候群 <新装版>

誘拐症候群 <新装版>

Icon user placeholder

linusoh18

知能犯かと思ったら意外とまぬけな自意識過剰な犯人だった、そこになんとも言えない人間臭さがあった。飽きることなく最後まで読めたが、最後が大どんでん返しにならないところが貫井さんのいいところかなと思う。 記憶には残らないだろうが、読んでる間はとっても楽しめた。

約13時間前

E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baec0d4f8c60 157b 40c8 9bae b3d8b7ea1e4bCfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093
出版禁止

出版禁止

F5fd6318 e881 427a 8a13 0cf2cd4a1bea

らっきぃ

2020.3.7はじめてみた

読んでる途中で感じた違和感がラストでその違和感の正体がわかる。人が持つ狂気、真実はどこにあったのか、エンターテイメントとしての小説の面白さを感じる作品

1日前

Icon user placeholderDa4ad828 995c 48d8 870a 4f7b633d4e3bIcon user placeholder 34