Btn appstore Btn googleplay
51n%2bspwphul

コメント

異性間の友情を切なくも強く逞しく描いている作品だと感じた。
個人的に面白いと感じたのは、“女”である主人公・神名ばかりが先に回って様々な考えを張り巡らせて、それが期待であったり戸惑いになっているのに対し、“男”であるハセオはそんな神名の考えをわかっているのかわかっていないのか、自分を貫き通しているところ。
男女の考え方の違いや、考えて悩むのは女ばかりなところが現実的に表現されているように感じた。
それが女の主人公視点で描かれているから、そう見えるだけなのかもしれないが。

私自身異性との友情はあり得ると考えている。
でもそれはお互いの信頼があることと、ある一定の距離を保っているからこそ、成立するものであると思う。
どちらかがそこから逸脱した瞬間から、完全には成り立たなくなる脆いもの。
異性に性愛を抱くもの同士の友情はある意味所詮その程度。

様々な登場人物や描写で見事に異性間の友情を魅せてくれているのがこの本だと思う。

恋人と同棲し、医者の愛人とも不倫関係を続ける絵本作家の神名が、大学時代の男友達ハセオに再会する話。

男女間の友情は成立するか否かは永遠に答えの出ないテーマだと思うけど、迷ったり揺れながらも「肉体関係を持たない」という一線を貫く2人の強さが尊いと思った。
友情って同性同士でも難しくって、気持ちが大きくなりすぎると「もっと自分を見てほしい」「相手の特別な存在になりたい」とかついつい期待してしまうものだけど。
もしこれで神名に絵本作家という目標がなければ、また違ってたのかもな。

ハセオ視点の話も読みたい。

付き合っていなくても、結婚していなくても大切に人を想うことはできる。好きという気持ちも、好きという意味もこの世に1つだけではない。
いろんな形のいろんな好きがあるように、人を想う形もみんな同じで無くて良いと思った。

久しぶりにすごく好きな小説に出会った。

タイトル通り、男ともだちがいる女の話です。
私は男友達とか、異性間の友情というものを微塵も信じられない人間で
読んでいて激しく羨ましく、そして不思議な気持ちだった。
これを恋じゃないと思えるのは、性が絡まないようにできるのは、何故?

私はこの作品に出てくるSMの女王さまだったという彼女の立ち居振る舞い、考え、言動がとても好きで
主人公がファザコンだ、と話し始める最後の方のくだりは自分のことを言われているようで何度も読んだ。
主人公に投影したり、他人の人生や生活を遠くから見ているつもりでいきなり後ろから刺される。
これは私が小説を読んでいて1番楽しい瞬間で、なかなかないことだけれど、この小説は見事だった。

神名もハセオも一般的に見たら屑だと見做される人間なのにキラキラと輝いて生きているように見えた

2019年56冊目。

読者

C1243901 d6eb 4606 9351 ea9d9d21c2c4C55512ef 3b77 47e6 bb62 f5cbb149488dIcon user placeholderF7951be7 4831 40b9 84dc 15df732dce45Icon user placeholder56e2ca92 cfba 47d9 8c11 413b37ff5aa82ltps04a normalD44142af 7907 4cb3 acaf ee9eac6c5210 51人

千早茜の本

透明な夜の香り

透明な夜の香り

1ee0aae6 33ba 464f 8b07 5c7dbbb16742

ATSUKO

新しい出会いを求めて

好きだから手を離したことを思い出した。香りは忘れてしまったけれど、いつか、突然出会うときを楽しみにしていよう。 もっと手間ひまをかけて自分を形成したい。

約2か月前

9946d62c 3c4f 4ba2 be21 72ac941a4a4b605a0a38 bf2c 4be8 9071 a3ec3c85ec16201b687c 1b43 4282 a890 5644508f053b 11
魚神

魚神

359f49d4 c3a3 4dbf 8349 d1a93fcfac74

暇人

本の感想を書く場を求めて

時間も場所も定かでない、遊女屋街くらいしか目立つもののないうらぶれた島。 拾われ、遊女として売られるために育てられる少女白亜と、彼女にそっくりな弟スケキヨ。 二人の過酷な運命を恐ろしく、そして美しく書き上げた作品。

9か月前

1e79cffe 032f 4b3a a4d3 004d1dd31478Icon user placeholder