41bmqdedbjl

恋人の故郷である朝埜市で、蜂蜜園の手伝いを始めることになった碧。蜜蜂たちの暮らしの奥深さを知る日々のなか、十六年前に自分の人生を助けてくれた不思議なできご... 続き

コメント

2018/1/11読了
もし自分が碧の友達だったら、多分私も真百合と同じように、その男はダメだからさっさと別れなよーと言うと思うんだけど、でも自分自身に安西の要素もあるからしんどいな。物語の最初の方の碧と、自分で自分の行き先を決めて動きだしてからの碧では輝きが違うというのは、読んでいて自然に感じられるので、置いて行かれた感のある安西はより惨めだったのだろうと思う。やっぱり人間って主体的に動いてないと後悔するんだなー。

読者

Icon user placeholderE209f0f8 0522 43ad 8158 61720099e4b6F4226424 2a79 49de abf1 5eb72cdc321370823200 e58a 4519 9542 9ee10d79f58fB50ad172 8f40 461e a798 4732792577e8Fcd78a68 5507 494c a56a b3dcf49699db69f23578 a4a8 47e4 9f5c 89219e32098f0402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00 11人

寺地はるなの本

今日のハチミツ、あしたの私

今日のハチミツ、あしたの私

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

2年間同棲した安西に連れていかれた故郷で彼の父親に結婚を反対された碧。 彼女は、中学生の頃に偶然出会ったハチミツを手掛かりに、頼る人もいない場所で自分の居場所を求めて孤軍奮闘する。 食べ物をテーマにした小説はどれも好きだ。 登場人物が何かしら食べていてくれると、心底安心して先を読むことができる。 拒食症に悩んだ碧の、どんな時も自分と、そして目の前の人にちゃんとしたものを作って食べさせようとする姿勢に共感を覚えた。 蜜蜂たちが懸命に集めた金色の恵みが、人間の寂しさや悲しみを癒す薬になる。 それは人間の毎日が、小さな自然の恵みによって支えられていることを再認識させてくれる。

3か月前

20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520Icon user placeholderIcon user placeholder 31