Btn appstore Btn googleplay
41htrbwmkol

メキシコを代表する建築家の邸までやってきたのは、かつてのビジネスパートナーの「目」になるためだった──建築事務所を営むキャリア女性の生き方を描いた『皿の上... 続き

コメント

他のお話と
つながりがあったりして
面白い☆

孤独を伴いながらも、私たちは一人で生きているわけではないのだ、と。一編ごとにそれぞれ秀逸!沁み入る感じは作者ならでは。好きなんですよね。

思うままに自由に生きてきた女性たちが、ふと立ち止まって人生を顧みたときの充実感と孤独感がないまぜになってじんわりきます。
わたしにとって誰かが大切な人であるように、誰かにとってもわたしが大切な人ならうれしい。人生はいつまで続くかわからない。だから、行くべきときに行っておかないとね。言うべきときに言えるかどうかはわからないけど…。

介護、孤独 自分だけではないんだなぁ。
ひっそりと、あがきながら
泣き言言わずに 独りで生きていきたい。

2018年76冊目。20180617

自身の人生を肯定的に楽しんでいる主人公が魅力的

読者

4d992493 bad7 4881 9601 875848105df662a5ecc3 7f93 461a bbd6 49a4ebdbd2e55f1b215f 57b5 4f06 8441 513f1936b6a7B0899e8f 5704 486a 850f e1994f5bbccaIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 71人

原田マハの本

スイート・ホーム

スイート・ホーム

Lbqind3f normal

なかむう

小説が好き。

洋菓子店「スイートホーム」を軸にした短編集。穏やかであたたかい人々の話。私も近所にあったらつい通ってしまいそう。

3か月前

たゆたえども沈まず

たゆたえども沈まず

288da534 a338 441b 8fd2 44bb5fdfe15e

けいすけ

好きなものは本とお風呂と梅酒です…

ゴッホに興味なんてはじめはなかったのですが、この本に出会って彼の葛藤の人生と周囲の人たちの温かさを知り、ゴッホの作品や芸術の世界に引き込まれました。 日本人、日本の浮世絵がパリの芸術に影響を与えていたことも、歴史についても興味をもつようになってしまう、好奇心をかきたてる本でした。

3か月前

170
丘の上の賢人 旅屋おかえり

丘の上の賢人 旅屋おかえり

D82a4997 b993 4409 b256 2ceca3ae8022

kaori

雨の日も風の日も 同じ場所にいるあの人は?  旅屋が20年前のリボンをつなぎ合わせる 人には帰る場所が必ずある。 人それぞれの「ふるさと」に、 「おかえり」と言ってもらえる場所に、 帰りたくなる本。

4か月前

リボルバー

リボルバー

Bf74771d fe87 4162 b1ad 3da191288c8d

にじます

いつでも活字に触れていたい

大量の手紙が残っている画家だからこそ 想像も膨らみます。 こうであって欲しいという願望も含めて 楽しく読めました。

5か月前

15