Btn appstore Btn googleplay
410td88g5dl

「活字から声が聞こえる、 若松さんの詩には体温がある。」 谷川俊太郎 「この詩集を読む者は、まず詩情のきよらかさに搏たれる。それはただの純情ではなく、ぎ... 続き

コメント

2018年48冊目。わたしはまだ泣くことを忘れるほど大人になっていないけど、すごくすごく、心に響く言葉でいっぱいでした。 / 20180317

読者

E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab6700a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd1026ae8bfe 9445 4c9f a901 574e4fb3ccaeDd548d8f c917 49f3 a410 cb90c178b62a 4人

若松英輔の本

悲しみの秘義

悲しみの秘義

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

大切な人を喪うということについて。死について。さまざまな名著から読み説く悲しみ。俵万智さんの解説もよい。

約2か月前

詩集 燃える水滴

詩集 燃える水滴

396aadaf a05f 4879 9989 61dd9ab82f77

桶田貢

いま、詩の世界にいます

若松英輔の三冊めの詩集。 読むたびにコトバが心の中に染み込んでくる。 そして考えるのではなく感じることに集中できる 詩集。

1年前

種まく人

種まく人

396aadaf a05f 4879 9989 61dd9ab82f77

桶田貢

いま、詩の世界にいます

かなしみ、悲しみ、哀しみ、愛しみ、 そして、美(かな)しみに昇華する。 志村ふくみ、石牟礼道子、半崎美子にも。

1年前

幸福論

幸福論

00a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10

ほんのむし

2018年68冊目。しあわせが定義できなくてよかった。 / 20180412

約2年前

805fc547 4364 4efc bf31 cca6445fe17a014253d4 6080 4951 9119 24735184a69638aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21