51ijfb9x3yl

コメント

私のような、中途半端なミステリーブァンには太刀打ちできないミステリーガイドがついています。反面、本文は《日常の謎》と呼ばれる普通の人たちの周りで起こる普通でいて少し不思議な謎を古書店の主人が解いていくという設定のハートフルな連作短編集です。
ささやかな日常で起こるちょっとしたミステリー。でも、いちばんの謎は人の心、男女の仲なのかなと思ってしまうラブストーリーでもあります。最終章ではストレートに心の中を伝えられないもの同士の告白があり、少し幸せな気分を味わえました。

読者

3e6d2ad8 fb13 4fc9 80ce 48e366b45e53147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e8b936247 b317 46e5 8d43 0342a53ac96e73bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87b0baf0b90 877b 45d0 a026 38e29c59536a5a8a499c ffee 4107 9fad 3c209d7669edAd9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1 7人

乾くるみの本

六つの手掛り

六つの手掛り

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

6話からなる短編集 毎話 誰かが殺され 犯行方法とその犯人を解き明かすのは 「太ったチャップリン」こと林茶父さん 見た目的にはちっともかっこ良くはないけど 洞察力があってなかなかの切れ者といった感じ 解き明かした謎を披露すると なるほどなぁって思う

6か月前

クラリネット症候群

クラリネット症候群

359f49d4 c3a3 4dbf 8349 d1a93fcfac74

暇人

本の感想を書く場を求めて

表題作と「マリオネット症候群」の二本立て。 「クラリネット症候群」の方は、比較的普通の作品と言える。作中の独特なギミックのお陰で文字に出来る隙間が目新しいが、話自体はそこそこ、といったところ。 一方で「マリオネット症候群」の方は独特な風味漂う作品。笑えばいいのか怖がればいいのか分からないまま戸惑う読者を乗せて、作者が導く結末とは。 蛇足だけど、私が読んだのはアニメ調の表紙が目を惹く文庫版。かわいい女子のイラストに釣られて買った人、乾くるみの世界にようこそ。

9か月前

5057a02b e42a 49a2 86b2 f2c209bcccd50d4f8c60 157b 40c8 9bae b3d8b7ea1e4b7046ce21 ea1e 485e 97f5 3ad281c34a4d
物件探偵

物件探偵

Df76215c 0d5c 423b be24 8c8270ec4435

りんご

東京都 伊坂幸太郎さん、誉田哲也…

この作者は、何書いても不思議と面白い。今回は、それに加えてタメになる。続き読みたいです。

約2年前

79bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a92398564E014b6cb 83fe 4e54 93cc 355c9b858fe00b37fba6 25c3 4780 b55c 9f4dc29d6944 18