51ke3%2bnodbl

コメント

有名な思考課題からスタートして、いくつかの課題と向き合い、考える。
正解のある数学的思考課題、正解のない課題を通して、思考力を鍛えるだけではなく、自分の倫理観と向き合う必要がある課題もあって、「自分」を掘り下げるきっかけにもなりそう。

実際の確率と人間の直感ってこんなに一致しないケースがあるものなんだ、っていう驚きがあった。
普段直感で確率を見積もったり予想を立てたりして行動するのは誰もがしてることだと思うけど、実は結構バイアスがかかっていて、それは本人が思うほど合理的な選択ではないのかもしれない、ってことは言えそう。

すごい役に立つってわけじゃないけど読み物としておもしろかった。視点の違い、大げさに言うと価値観の違いがあるっていうのを実感する内容。

自分が最近「確率的な何か」について計算するのが億劫になっていることに気づかされる。あ、「ゼロで割る」(「あなたの人生の物語」(映画メッセージ原作の短篇集のうちの一作)、もう一度読むと印象変わるのかも(1=2の計算出てくる)。しかし、「トロッコの問題」とか、同じような話の本ばっかり書店で平積みされてる気がする。

読者

Icon user placeholder23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593649602b7 838c 4451 9a90 3425ed34521f05b76f0f 8b0c 4d32 9574 36be340def81458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c2Icon user placeholder2f6f6193 5715 40ce adef 84cb04bc5af63e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b 41人

ビジネス

ダークサイド・スキル 本当に戦えるリーダーになる7つの裏技

ダークサイド・スキル 本当に戦えるリーダーになる7つの裏技

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

「ダークサイドスキル」なんて言うからには、ライバルの電話を盗聴して弱みを握ったり、ハニートラップ仕掛けたり、権謀術数の限りを尽くした犯罪紛いの手練手管の紹介本かと思ってたけど、予想に反して極めて真っ当なビジネス本だった。 論理的思考能力や財務・会計知識のような「ブライトサイド」スキルに対して、地道に根回しをして自らの影響力高めて行く、「人を動かす」系のスキルの話だった。 上昇意欲の旺盛な人は大変だなとは思うものの、ここまでやって偉くなりたくはないなと言うのが正直なところ。

約9時間前

E00b7b7b 4943 4d55 8df6 c807747ee153Icon user placeholderPicture 11
わたしらしさを知る マイノートのつくりかた

わたしらしさを知る マイノートのつくりかた

04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca

Taraco-Sell-たらこせる

nigata-saitama,m…

杉並図書館でとにかくリクエストが尋常じゃない書籍。ようやく回ってきた。モレスキンの初代本で提案してる時系列ノートだけど、おっさんもまあノートにカクカク日々である。ただ、発信になかなか繋がらないので、発信用ノートは作成して挑み始めるあと半年の2018だ。

1日前