61qswc rqql

ミリオンセラーの手づくり絵本を生み出す、奇跡の出版社の秘密! 谷川俊太郎氏 推薦/「書く人、描く人、作る人、本作りで家族になった人たちの豊かな暮らしっぷり... 続き

コメント

まねしたい!
爪の垢煎じて飲まなきゃ!
素直にそう思った。

板橋区立美術館での展覧会から静かな興奮が冷めず、熱がそのままのうちに読んだ。

タラブックスのあり方、簡単に言うと徹底して人を大事にするその姿勢に芯から撃たれた。

インドは日本と比べ物にならないほど階級による分断が激しく、タラブックスのような考え方をする人たちは日本以上に稀だと言う。

出版活動を通して差別や偏見を乗り越えようとしている。っていうと堅いけど、それをしなやかに、軽やかに、自分たちの楽しいやり方で実行している姿に強い感銘を受けた。

手づくりっていいよね

読者

C33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3b871870e0 8aa8 44a7 916c b2afb52a041e89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e4f9f90e8 ffb2 4acb a00c 3fb81bb7bc5c9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d7d0aadd2 a95e 4663 a46e 3453c4b3402aA2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261D7c79481 afa4 4b32 94de 00088e7e9de0 17人

アート

大人の科学マガジン 小さな活版印刷機

大人の科学マガジン 小さな活版印刷機

2ec5687f 31b4 4a10 9fd8 9f5c6f2caba8

Kazu

東京でデザイナーしてます

小さな活版印刷機、組み立ては本紙のみで完結しており、別途ドライバーなど不要。30分程度で組み立てが完成。組立図のイラストも分かりやすいが一部視点を変えた方がわかりやすいところもあった。 印刷機は印刷しながらノウハウを学ぶことができ、活版印刷の難しさも体験できる。 使い続けるには活版の管理やローラーのメンテナンスなど意外に大変なところもあるので、その辺りの工夫があったらより良かったと思った。

11日前

プラスチックスープの海 北太平洋巨大ごみベルトは警告する

プラスチックスープの海 北太平洋巨大ごみベルトは警告する

F4e86bc3 ea3f 4736 93a2 c6c0d76cc040

RY0G4

ペットボトルを食べる微生物の研究…

【プラスチックスープの海】 著者の研究者としてではなく、一人の海を愛する人としての熱意が伝わる。 ページ数も文字数も多かった。 でも、内容は今まで読んだプラスチック汚染関連の本の中で最も優れていると感じた。 ニュースでしか知ることができないそんな現状に対して、世界には自分の目や耳に触れない現実なんていくらでもあることに気付いた。 たとえ自分の力は微力でも、自分の活動に希望を見出してくれる人がいるのではないか。 そうして行動を起こす人が増えていけば、世界がよくなるのかもしれない。 この言葉はとても素敵。 義を見てせざるは勇無きなり。孔子の論語にもあったけど、知ってるのに行動しないのはただ勇気がないだけ。自分が何かできる自信もないけど、研究で解決すると言う覚悟はある。 未来の世代にプラスチック汚染を置き土産にするのは絶対に防ぐ。 大学院進学を決めたのも、原子力のバックエンドの部分で環境問題解決をしたかったから。 希望の大学院に行くことは叶わなかったけど、中学から憧れてた場所には行くことができて、幸せ。 プラスチック汚染と放射性廃棄物の処理はいつも説明で一緒に出てくるから、何となく因果を感じる。。。 根本的な分野である環境問題の解決ではやりたいことが同じ。今の研究も楽しい。 毎日、ワクワクしながら研究できてる今が一番幸せかも。 これからもやりたいことと楽しことずっとやっていこう。 それが誰かの為になれば、より良いかなと思います。

14日前