51yvet3m%2b l

序 章 俺の人生を操るDNA 第1章 戦時下の上海で 第2章 さまよう無国籍一家 第3章 学校は寄席と映画館 第4章 疾走していた「狂犬」時代 第5章 サ...
続き

コメント

この本は、戦後の日本の、大衆音楽史でもある。

戦争も、音楽も、人を熱狂させる。
熱狂が死に繋がることもある。
しかし、音楽には傷ついた心を癒やし、再生する力がある。
戦争にそれはない。

著者を、ただロックな爺さん、と見ていてはいけない。

それにしても、左とん平の名曲、「とん平のヘイ・ユー・ブルース」が、著者のプロデュースだと知って驚いた。

読者

F6d6cf63 0cdf 4224 af5f e4b71a2c3e78

新刊

最強の経営者 アサヒビールを再生させた男

最強の経営者 アサヒビールを再生させた男

F58430f1 de0e 47fc af25 b336342c4be9

yuji

30代

樋口廣太郎以下歴代アサヒビール社長達の会社改革や経営を描いた小説 全員実在みたいだが一部仮名で描いている 大会社のトップは器やカリスマ性があり会社を越えて社会貢献までしてしまう みんな怪物のように感じる

約21時間前

F3f3887c 6dee 4882 8118 25c96aa0088bB6726f9a f4ff 42cd ac37 63324f4bdff2D418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40