Btn appstore Btn googleplay
51vgqxx6sol

厚き友情と信頼で結ばれていた、花の名手・池坊専好と茶の名人・千利休。しかし秀吉の怒りを買い利休は非業の死を遂げた。専好の秀吉に対する怒りが増していく。そん... 続き

コメント

2017.10.読了(Kindle)

人の考えの多様性を認めることの大事さと落とし穴について気付かせて頂きました。
専好さんのあっけらかんとした中に、こだわりのある生き方も魅力的でした。

読者

Fdcb1174 2da0 4636 94e3 92013ef3f4c3Icon user placeholderF3b5f76b 9a8d 4ccc b31c 6a221f502f10330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886f 4人

鬼塚忠の本

海峡を渡るバイオリン

海峡を渡るバイオリン

Dbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e2

Na☆

電車に乗っている時が主な読書時間…

なんというドラマチックな人生。バイオリン製作技術を独学で修得するだけでもすごいが、朝鮮戦争の時代に、韓国と日本と北朝鮮の影響を大いに受け、苦労された方のお話。すさまじい。

3年前

00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f92009bf80bf 02e1 4ffd a21c dbee19610d32
カルテット!

カルテット!

D85d9855 4708 4d2e bfa5 49f190f2a568

I.S.@carbancle

Do the best 4

不器用さを巧く表現していると思います。個々のストーリーが終盤に向けて合わさっていく。進行のテンポが速くなっていくことで没入していく。 いい作品でした。

約4年前