Btn appstore Btn googleplay
61lrkxgd9dl

□部下のやる気が引き出せない □部下とのコミュニケーションがうまくいかない □チームがぎくしゃくしていてまとまらない □チームの成果が個人の総和を下回って... 続き

コメント

小さい事業所だが管理者となってまとめる立場になったものの、主要な一人が抜けると一気に仕事が回りにくくなってしまう。いくつかの問題点を改善していくために、参考にするため購入。
うまく進めていくには、とても丁寧なステップが、必要でなかなかこれを読んだだけでは実践しにくいところもある。だが、どのようにまとめていくか考えるための初歩的な視点に気がつき、勉強になった。知識を得ることと、実戦とを繰り返していくことで、他のことも判るようになるだろうか。。

読者

137634c5 3c45 48c1 a457 e1ea494c15b50dcb5aaa d20c 4720 836d 17f4b59812ccD560a034 941d 4c62 88a2 ecf4b20b504b 3人

小田理一郎の本

敵とのコラボレーション――賛同できない人、好きではない人、信頼できない人と協働する方法

敵とのコラボレーション――賛同できない人、好きではない人、信頼できない人と協働する方法

84894365 9625 46eb 850f 37b16a577526

Kazuki Kumeta

教育者です。 哲学、心理、教育

現実的に相入れない背景同士、利害が一致しない人たちをどうまとめるか。大事なのはわかり合うことではなくて、共通の問題意識があるということと、それぞれの動きによって複数の未来のシナリオが変動すること。俯瞰的に見つつ、中に入って動く、というバランスが大事。

9か月前