51npfjdqu6l

小説史に類を見ない、息を呑む大仕掛け。そこまでやるか、ミヤベ魔術! それは亡者たちの声? それとも心の扉が軋む音? 正体不明の悪意が怪しい囁きと化して、か... 続き

コメント

話の輪郭がはっきりしてきました!下巻!下巻!

読者

B1b8e38a 2a97 405c bd87 57ebbe3ba1218c67a483 0183 48fa 9c92 c171619f8812Bbb39884 bff1 42f3 b207 c4b411623b37014253d4 6080 4951 9119 24735184a6964e1499ca 9700 4bbc 85c7 07c4ab6cbd4f9886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00c7bb479cf f542 474a a14f 59d7abba89c064973475 f5f0 492d beba ab9ccb7651a6 17人

宮部みゆきの本

希望荘

希望荘

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c

ハイパラ@ミニマリスト

読みたい本が、いっぱい!σ^_^…

外さないのが宮部みゆき。杉村三郎シリーズが中編で楽しめるのがうれしい。三部作を経て、いよいよ私立探偵になった杉村三郎。三部作はプロローグに過ぎなかった。物語はこの本から始まる。そして恐らく、杉村三郎も徐々に探偵になるのだろう。作者も、杉村三郎が好きなんだろうなというのが分かる一冊。

3か月前

Icon user placeholderIcon user placeholder61b1bb23 2307 42d2 b663 40b7040a1035 10
お文の影

お文の影

1c27ba40 af8e 4305 846f 3678055a5b25

あかねる

恋愛小説を読むと尻が痒くなるので…

時代小説短編集。内容は良い。安定の面白さ。ただ売り方がいかん。「ばんば憑き」をタイトル変えて文庫にしただけ。

4か月前