Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51lm0orau5l

コメント

これ、三部作だったのか!

最後が性急な感じもしたけど、「超能力者は何のために生まれてきたのか」っていう半ば哲学的な問いはよかった。

ジェノサイドにも通じる、人類進化の一過程なのかも。なんて。

テレパスの七瀬が、同じ能力を持つノリオや念動力を持つヘンリーといった様々な超能力者達と出会う。しかし、超能力者を憎む謎の組織に命を狙われる・・・という話。
七瀬が自分の能力を、普通人や能力者からどう隠すか、また、得体の知れない組織にどう立ち向かうか、といった心理戦が面白い。
ただ、超能力者はなぜ生まれて来たのか、という問いへの答えが提示されずに終わってしまったことに、やや物足りなさを感じた。

自然よ。なぜ超能力者などという突然変異を人類に与えた野ですか。

読者

946140d9 9046 4d13 b82c c44db97059db564ed7ed 4ffc 4ac7 a30c 28152d1ff557A6f35b9e ff78 4349 af5b 80496a9e88aaBa6f3735 afec 45f6 b78e 96c6b0ae0c669bc34478 5361 482d b5bc 3e857a5f25d1883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093B138d7dc e7a9 4b63 939b 561241e1630f6a66972d 3539 42a6 bf0f 89897ac5c0bb 12人

筒井康隆の本

笑いの力

笑いの力

55726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e7724

m a chi *

本読むのすきです(◍´ᴗ`◍)専…

期待していた内容とはちがった。 でも「笑い」について、もっと知りたい学びたいと思わせてくれる内容だった。 ユーモア、大事。

25日前

にぎやかな未来

にぎやかな未来

Ee751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113f

Karma

本は人生の先生でありお友達

初めて読んだのは小学生の頃。子供ながらに筒井氏のユーモアのセンスに感服したものです。今でも楽しめる短編集です。

約1か月前

創作の極意と掟

創作の極意と掟

F4b211ea 0963 4178 92fe b51b494e5186

しろいはなび

頼むからわたしの書いた小説を読ん…

ずっと小説を書いていたが、なんとなく自分のことが信用できなくなってきて、ちょっと辛い気分なので、小説指南本のようなものを手に取ってみた。 - 筒井康隆、さすが最近のものから古典のものまで数多くの小説や書評を読んでおられ、ちょっとしたブックガイドにもなっていて、筒井康隆好きには堪らない一冊だろう。 - ただ、自分は筒井康隆「懲戒の部屋」と「フェミニズム殺人事件」しか読んだことがなく、(なんでこのチョイスなのだろうか自分でも不思議だ)居酒屋で力士の悪口を言ったら延々と追いかけられる話だったり、通俗的なミステリだったりして、それほど面白さを感じていない。 - それと、なんとも、テクニックを重視しているというか、内なる創作衝動から、というよりも、あたらしい技法を思いついたからこれを試してみよう、という感じがどうにも苦手であまり… - いや、でも良いなあ、小説家。

約2か月前

991211f6 14b3 41ad 8114 945c733adea8946140d9 9046 4d13 b82c c44db97059db200cef13 563f 4e85 b40c 9d1c0035d8a0