61qayhv04xl

発行元から

高校生の深冬は、思いを寄せる優弥とともに、彼の故郷・潮見島を訪れる。島の伝統「潮祭」が開かれる夏のことだった。深冬が出会ったのは、祭の神女となるために自分の未来を捨てた少女・柑奈。彼女の生き方に、深冬は疑問と嫌悪感を抱く。なぜ柑奈は伝統に縛られることを望むのか?そしてある人物の来訪で明かされた、十二年前の悲しい真実とは?消えゆく伝統と先の見えない将来。まっすぐな恋とゆがんだ友情。それぞれの思いが交錯するとき、十二年に一度の祭が幕を開ける。

額賀澪の本

風に恋う

風に恋う

9a669bed 3bb7 4218 85ad c29a8aa35476

安達竹男

台湾駐在12年目、一児の父

死ぬ時は、この本のことを思い出したい。

1日前

風に恋う

風に恋う

513cf7c2 6674 4d1a a8b4 3b964f01231e

なのはな

好きな本はとことん大好き

吹奏楽してる人、楽器吹いている人は見てほしいし経験ない人でもおもしろいと思う 音がきれいに言葉で表現しきってて本を読んでるはずなのに本当に演奏してるかのように音がきこえてきてるかのような不思議な感覚になる コンクールのシーンでは演奏をきいた気分になる 吹奏楽してる人は悩んでることとかあっても悩んでる時間すらもったいないと思うくらいもっと夢中でがんばろうと思える話

1年前

Bcc94ef8 73a5 4f7c 94a8 b4ad5f30332b121a33fe 3aeb 4bfe 83bd 7481eb1fe2c9E209f0f8 0522 43ad 8158 61720099e4b6 12
ウズタマ

ウズタマ

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

不思議な題名と帯の内容の重さにギャップを感じながら読み始めた。 人は他の人と過去で形成される。それが無いと気づいたら、怖くて寂しい。周作が不甲斐ないのも許してあげたくなる。 そして、預金通帳の本当の思いを知る。 読後、表紙を見るとラーメンと「ウズラの卵」なんですよねぇ。マフラーしてるし。 地味にドラマ化して欲しい。

1年前

Icon user placeholderF11ae2d9 53da 4ea1 b9f9 9e32ab412d4e7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5
さよならクリームソーダ

さよならクリームソーダ

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

美大生の生活、悩み、家族のあり方 それぞれが経験する辛さ それを乗り越えようとする力 そういうものが日常には溢れてて 周りの人達と関わりながら 自分の中で決着をつけていくのが生きていくってことなのですね

3年前

6c876b72 6e94 463a 9040 7d8cef6d61b60824f0e4 292d 4455 b3c9 2138f43572c1239325bc cf2f 477c bfbb e901dad7d476