Btn appstore Btn googleplay
51mpnndx4hl

ニューヨークが選んだ村上春樹の初期短篇17篇。英語版と同じ作品構成で贈る。 続き

コメント

村上春樹が面白いと知った、最初の本でした。

特に「4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて」の作品が1番印象に残ってます。

「心揺さぶられるほどの出逢い」の表現がこれほど美しいのかと思いました。
読んでいて、心が優しく締め付けられるようでした。

大好きな作品の一つです。

英語調の日本語が顕著な春樹の文章。長編は好きじゃなくとも、短編は好きって人は多い。

ねじまき鳥クロニクルや他の短編集なんかの破片が散らばっているし、長すぎなくて丁度いい。

春や秋の丁度いい時間と季節に、さらっと読みたい短編集。

17の短編
午後の最後の芝生が今の夏の季節と相まって良かった。

実在の地名が出てくるので想像がふくらむ。
飯田橋や駒込、小田急線など、距離感だとか山手線逆に乗ったとか、よく分かるのが嬉しい

米国で村上作品の紹介をする方が改めて選んだ村上さんの短編集です。

村上さんの書いた最初の短編小説「中国行きのスロウ・ボート」、私の個人的に好みの作品「四月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて」、村上さんの作品の英訳をさらに日本語へ翻訳した、村上短編の中でも私が最も異色と考える作品「レーダーホーゼン」、結構なターニングポイントになったであろう作品「ファミリー・アフェア」、個人主義者からしか見出せない当然の(日本的な)恐怖を描いた(これが中高生の集中読書テキストになってしまうのもどうかと思いますが...)作品「沈黙」、非情に恐ろしい作品「眠り」、恐らく最も多くの方に好まれる作品「午後の最後の芝生」...

とてもお買い得な、村上短編作品の美味しいところ取りと言える短編集です。この中に一つも良いと思う短編が無い人は今後も村上作品には縁の無い人であろうと断定できます。ま、もともと好き嫌いのはっきり分かれる方ですけれど。

この中で何が好きかでまた楽しく話せそうです。私個人はいろいろあって、今は「四月~」が1番です。村上さんの短編はまだ読んでいない方にオススメ致します。

2008年 1月

人は、名前と見た目と中身とを、どのくらいの割合でブレンドして、他人を判断しているのだろうか?
村上春樹さんほどの人になると、まず名前だけで圧倒されてしまいます。でも、意外と見た目、本でいえば装丁もばかにならないなあと感じました。この本はアメリカで出版された初期短編集を、逆輸入の形で日本でも発売となったものですから、ほとんどが再読だったのですが、あらためてこの作家の普遍性を再認識させられました。
潔く、黄色だけで統一されたアメリカンなデザインと半透明なビニールカバーの質感、そうしたものも読書という行為に無視できない影響を与えているのかなと感じました。
『こころ』を復刻版で読んだ時にも感じたことですが、本は電子化して欲しくないなあ。

装丁も好き。

村上春樹の短編はいい。
おすすめはファミリーアフェア

コメント未

読者

E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854aDd15e820 db42 44ad 9f27 88f6fce2f87c151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2415dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340fBf3a6a27 ed72 46e7 9110 2e469f537c03Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee13ae34562 5cf6 4ba5 9ad5 817a05ed987fC8cfd1ed a73b 4339 ab32 f6e86172cb6a 12人

村上春樹の本

村上T 僕の愛したTシャツたち

村上T 僕の愛したTシャツたち

A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a

まる

発芽マニア? 旅と文庫本とビン…

この本の中で私が着たいTシャツはやっぱり、安西水丸さんのナマケモノTシャツかな。あとはレコード柄全般に、書体がいいなと思うレタリングTシャツ、あと森林火災防止とヴェンチュラ・サーフショップのTシャツもいいな。 村上春樹氏は小説よりもエッセイやコラムが好きです。邪道ですかね?

約2か月前

Bbb39884 bff1 42f3 b207 c4b411623b37Icon user placeholderAbc1de4b dc2a 4789 84d7 98750019aa01 19
めくらやなぎと眠る女

めくらやなぎと眠る女

E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a

kasa

旅行や食に関する本、 海外文学、…

24の短編。 久しぶりに村上春樹の作品を読んだら思いの外面白くて、連続する不思議な世界にすっかりはまった。   トニー滝谷、ハナレイ・ベイが好き

2か月前

Qvbsav81 normalAd9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee17a870942 a833 46d3 992a b47a2de2945f