Btn appstore Btn googleplay
51izpuruk5l

コメント

過去のパラダイムに沿った何かで判断して行ける環境では無いなかで、なにに寄るのか?

それは、美意識や哲学といった、過去のエリート層が学んだものそのものであり、それに自身の志を混ぜていくことが肝要かと感じた。

日本はそういう意味では、仏教思想、禅、絵画、哲学それぞれ揃っており、そこを深く突き詰めれば、これからの時代日本人としてサバイブできるかもという入口の方角をぼんやりと示してくれた。

★★★★☆美意識を鍛えた方が仕組みを現実的に変更する力を得ること、さらに個人の自己実現が増加するビジネス環境において、世界がワクワクするビジョンをプロダクトやサービスのキラーコンピテンシーに出来る事が良くわかった。
美意識の鍛え方ももう少し論じて欲しかった。そのため一点減点。
とにかく幅広い読書をしようと思った。

デザイン、アートわからないおじさん、おばさんを説得するためのよいデータがたくさん。

今までの思考だけでは、複雑な問題から突破口を見出すことは難しい。自分のものさしを鍛えることの重要性を強く感じた。自分の感性を信じることができるようになりたい。

これから社会に出て行く者として
証明やデータの裏付けも大切だが、自分の中にあるモノサシを鍛えて意思決定をしていくことも同じくらい大切なのだと痛感。

個人の「真善美」に関する価値基準を「美意識」と定義して、具体例とともに「美意識」の必要性を論じている。
構成も明快かつ論理的で、読みやすい。

日本社会が非効率的なものや非科学的なものを徹底的に排除してきた時代から脱する転換点に差し掛かった今、美意識を高めるためにアートやデザインが果たす役割が大きくなりつつある。
ビジネスとアートの意外な結びつきが非常に興味深く感じた。

クラフトとサイエンス、そしてそこにアートを足して、三位一体で回す。VUCAの中で、私たちは時代とどう向き合うか?考えて一つの答えに辿り着くような分かりやすさが無い分、自らの真善美が重要になる。分かりやすくも、面白い一冊。

日本型エリートの崩壊とリベラルアーツ復興の理由。

読者

98d9c063 652e 4206 9e86 46d5ae0e2f69Icon user placeholder9dd1b988 517b 4f84 9c73 550d4205f3edE78f830e 41fe 490f 9404 3da2efd79eee35b6a7e6 d077 4e37 a81b c28e0f1a07821df6722b c5f1 4381 a6ef cad8155f68fdIcon user placeholderBcc61cef deb5 42bb ae60 0398b297f822 98人

山口周の本

武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50

武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50

A3853448 338a 4e80 ba83 2c3a57f79d98

鈴木スルメ

立命館大学

古いものは必ず何かの発展的要素を含んで現在に回帰してくる。これまで通用してきた考え方を一旦批判的に見直してみる。それを哲学者がやってきたこと。理想の社会を目指した運動は全て悲惨な結末を迎えてる。オウムやポル・ポト。哲学者が既存の哲学を批判する時は、君はこういう考え方の罠にハマっている、落とされてることに気づいてないね、という指摘の仕方。アリストテレスのロゴス、エトス、パトスの3つが必要だという指摘には、危険性が潜んでいる。ルサンチマン。悪とは、システムを無批判に受け入れることである。認知的不協和。スキルと課題のレベルのバランスが同じくらいだとフローに入る。悪魔の代弁者。

6か月前

F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0Default profile normalAdd8d532 c83d 4e21 8853 025386a0d9c2 88
仕事選びのアートとサイエンス

仕事選びのアートとサイエンス

A3853448 338a 4e80 ba83 2c3a57f79d98

鈴木スルメ

立命館大学

勝ちパターンが、明確に存在した、20世紀後半という時代こそ異常だった。キャリア形成の80%が偶然。努力はその偶然を招き寄せるための計画と習慣にこそ向けられるべき。計画された偶発性=プランド・ハプンスタンス・セオリー。二十年後の社会が予想できるか?無理だろ。独自の履歴書フォーマットを使う。従来のは空欄が多く生まれ、また伝えたいところの欄は小さい。1番自分を伝えられる形を探せ。人体などへの被害を最小限に留めるための技術(転職の技術)。ルサンチマンを持つ人々は非常に受け身で自ら変化を主導しないため、他人と同じである事に最大の価値を見出す、つまり他人と同じであることを道徳的とみなす。格差問題は富裕層が貰いすぎてると言われがちだが、貧困層を底上げするという解決策もあるはず。これは格差問題ではなく、貧困問題である。ニーチェは、「こうありたい」と思っている姿と現在の自分の姿のギャップの調整が上手く出来ずに、最終的には人格崩壊してしまった、周りの人の生き方を否定する。その動機は内発的な動機なのか? 外発的な社会的通念としての典型的な成功的なイメージに引っ張られてないか?何が譲れないかを考える。人生を航海に見立てた場合、船が潮目に流される事を防ぐイカリ=アンカーを持っておく。キャリア・アンカー(白桃書房)。状況が悪い時は、精神的にも肉体的にもエネルギーレベルか落ちているので、人生の舵を大きくきるような事をするのはリスクが大きい。我々は、自分で思っているほど自由という劇薬の扱いには慣れてない。自由は孤独でしんどい。伊丹十三は、自分が好きなもの、好きじゃないもの、必要なもの、必要じゃないもの、をしっかりと見極められる人。

11か月前

89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0eEa5e4d68 95e4 4b33 8fa2 394fd1150e1e
ニュータイプの時代

ニュータイプの時代

A3853448 338a 4e80 ba83 2c3a57f79d98

鈴木スルメ

立命館大学

20世紀後半まで、日常には多くの不満、不便、不安があり、それらの問題を解決することで大きな富を生み出すことが可能だった。しかし、それ以降、大きな問題がなくなり、従来の問題解決の能力が供給過剰になってる。

約1年前

Icon user placeholder2217ec47 cf62 46d7 9a1b 8be5c7340c0cAb54d8fb 65f2 4053 bba9 8cc23db7f30e 19
知的戦闘力を高める 独学の技法

知的戦闘力を高める 独学の技法

04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca

Taraco-Sell-たらこせる

nigata-saitama,m…

P174の「場数を踏まなければいけない」抽象化力のための三箇条が本書のキモ。知のストックの作法については好みもあると思うので(自分は図書館派なのでアンダーラインではなく、書き出し←遅読化のための読書術より)メモ・ノード術で自分のあうものを。そして、「掛け算」を仕事・趣味の上で意識。

約2年前

A9504c83 10b8 4512 a256 3f075c9db531Ab54d8fb 65f2 4053 bba9 8cc23db7f30e4f438669 1c28 49a0 bdfc 572ef0c96196 25