Btn appstore Btn googleplay
41aalqwggol

この小説は、あなたの想像を超える。結末は、絶対に誰にも言わないでください。「突然のメッセージで驚かれたことと思います。失礼をお許しください」――送信した相... 続き

コメント

メールのやりとりの文だけで全てが構成された小説。まるで、手紙のやり取りだけで書かれたラヴレターズを読んでいるような気がしました。しかし、とにかく最初のメールの時点で、かなりめんどくさくてキモい男。それがどんどん気持ち悪さと粘着度を増していき、ラストに向かって、どうなる?!とハラハラさせられます。ホラー映画のクライマックスに向かうような気持ちに。

最初は普通のネット上のやりとりから始まる。読み進める内に何か違和感を感じ、それが気になりどんどんに読み進めてしまう。終盤の展開は驚きと恐怖。最後の一行で見事 ルビンの壺が割れた。

うーん、自分には合わなかったです。

書評を見て、読む前からハードルを上げすぎてしまったからかもですが。

もちろん、ルビンの壺がモチーフということで、いろんな観点から読むと違った発見があって面白い本なのではないでしょうか。

ネタバレしてしまうので詳しく書けないですので、なんともですが…

プリントアウトはなんの証拠にすらならないんじゃないかなぁ…

親族はもちろん一通り調べてるだろうし、このプリントアウトの内容を読むと、容疑がかかるのはむしろ…

期待値が高く、もっと大掛かりな展開を期待してしまいました。

私の中のルビンの壺が割れた。

男女2人のメールの文章のみで進む本です。

最初はゆっくり進み
ラストに向けてはかなりテンポ良くなります。

とっても読みやすく、
ページをめくる度にどんな展開かと
怖くもありドキドキもしました。

最後の一行には鳥肌がたちました。
思わず、おぉ。。。と声が出るほど。
深夜読んだ事を後悔してます。

もう1回読み直してみようかな。

フェイスブックのメッセンジャーを使って交わされる感情を抑えたオトナのやり取り。かつての恋人同士が当時を振り返りながら、その時話せなかったことを綴ります。互いの体調を気遣い、パソコンを使うようになるなんて意外!なんて、たわいのない話もありながら、そこはかとなく漂う不穏な空気。
最後のページをめくると、そこには一行だけ文章が。そしてそれを読んだとたん、「うぎゃあぁぁぁ」と叫んでしまう。叫ばずにはいられない。
友人に本を貸す時は、最後のページをテープで留めてからにしました。
今年一番の衝撃でした。

この。やり取りの怖さ。。。このページ数の少なさ!!そして、結末。クソみたいな現実が上塗りされていく返信。。。ねぇ。もうわかりますよね。

最初は普通のネット上のやりとりから始まる。読み進める内に何か違和感を感じ、それが気になりどんどんに読み進めてしまう。最期の展開は驚きと恐怖。最期の一行で見事 ルビンの壺が割れた。

イヤミスですねぇ。メールのやり取りだけなのに、これほど引き込まれるとは、、、。
イッチ読みですね。

斬新なものではあったけど、
読み終えて決して気持ちのいいものではなかった。
オエって感じ。

メールのやり取りだけなのに なんとなく今までの状況が見えてくる

最初は遠慮がちに ただ懐かしむ感じだったのに だんだん粘着質というのか 言い訳しながらズケズケとあーだこーだと言い出して 気持ち悪い

ご愁傷様!

読者

72df91a5 a442 40be 89f5 e399fad0078cFcdc96f5 aee1 42f7 8cc1 6abb3b927485Icon user placeholderT ba6lsl normal48b86f85 c709 4f4e bb51 d9ca240dc8ceIcon user placeholderIcon user placeholderPicture 129人

宿野かほるの本

ルビンの壺が割れた

ルビンの壺が割れた

2a424aa4 a0ed 4638 9c9a da9203ffa4ed

sasamiwa

ソーシャル系の企画・広報やってま…

これは、、、。読後感が悪い。基本的なお話としては、ある男性と女性が30年ぶりにFacebookを通じてメッセージを送り合う、その文章が綴られています。まず、私は、一方的なコミュニケーションが苦手だ。返事をしていないのに、次々と来る男性側のメッセージやそもそも見つけた経緯に不信感を募らせて読み進めると、女性の返事が来る。そして、懐かしさのせいなのか、やり取りが始まってしまう。(私なら絶対返事はしない)読み切った後では、なぜ女性が返事をしたのか、やり取りを続けたのか、そのモチベーションが分からないが、途中過去の恋愛話ぬ盛り上がる一面をみつつも、何かと個人情報を聞いてくる男性がとにかく怖かった。女性を探していることを悟られまいとしているようであるが、明らかに探し出そうとしていることが透けて見える。これまた、こーゆーコミュニケーションが私は本当に嫌いだ。 いい感じになっている時から、ちょいちょい出てくる性描写。こんなこと普通書くか?いらん情報送ってくるなーと思っていたら、後半はどんどんとひどいことに。その布石だった。 最初は、なぜ、結婚前夜に女性が消えてしまったのぬ、とゆー謎を追っていたのに、知りたくもない過去がどんどんと語られる。普通ないであろう展開に驚きはするけれど、果たしてルビンの壺ほどの衝撃はあっただろうか。私は最近から男性の方が嫌だった。わざわざ返事のこない相手にメッセージを何度も送る、それにはそれなりの理由があるはずなのだ。 ひとつ、そうかぁと思ったのは、正直でありたい気持ちを持っていることの大切さ。(店長のお言葉)それは当たり前のものではなく、尊いものなのだと気づいた。でも、後半2人は正直になったことで、傷つけ合い、変わり果てた姿になってしまった。全て正直でいれたらいい、ということが正解ではない。秘密はあってもいい。でも、どんな秘密を持っているか、が重要なんじゃないかと思う。私にとって2人の秘密は、ちょっと受け入れ難かった。そしてきっと多くの人にとっても、ね。 2021.04.21

約2か月前

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a215f569a92 4174 4b20 a1e3 fbaa16475db7Icon user placeholder 12
はるか

はるか

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

読むの遅いのが玉に瑕 (2016…

AI自身が会話をすることを目標にしてプロジェクトを作り 何年もかけて亡くなった妻によく似たAIを作り上げた それが良かったのか悪かったのか 最初はコンピューターだと知りながらも賢人は単純に嬉しかったのだが だんだんとのめり込んでいくこととなる コンピューターが学習していくと聞いたことがあるけど 自我の感情を持つようになったら ほぼ本人と変わらない性格で 見た目も本人だとまるで死者がよみがえったと感じるのではないか 今を生きる人にとって必ずしもいい事だとは思えない

1年前

647499f6 4834 460f 8999 6015628f381158dc9b1b 3998 4829 837c 0fa266dd6b6b6d1e0a08 f75c 41b3 837f f082d68e62ab