Btn appstore Btn googleplay
51p0mb0ve0l

コメント

かき氷、水羊羹、ところてん、あんみつ……目次を眺めるだけでひんやりシアワセ(笑)
短編エッセイならではの言葉のリズムが心地良い。1日1編寝る前に読んだら、ひと夏楽しめます。

まさか、浅田次郎に萌える日がくるなんて……
暑さに弱く、夏になると無気力になる浅田氏、真夏の南国 鹿児島へ(取材旅行)。
涼を求め、「しろくましろくましろくま……」と小さく呟き続ける氏。誰にも気づいてもらえず、鹿児島を発った後に、半べそで「しろくまが食べたい」と訴える姿が、いじらしくて、ときめいた…!笑。

ひとつのテーマにまつわる短編集は数あれど、こちらのエッセイ集というのはまた異なった楽しさがある。
とにもかくにも、どの作品も素晴らしい。一編一編が短く、タンタン読み進められて、なんと収録数41篇。
夏の熱も、涼も味わえる、かなりお得な一冊。

暑い夏の日に「読んで涼む」という愉しみ。
植草甚一から川上弘美まで冷たいスイーツにまつわる41のエッセイ集。これは、夏の清涼剤かも。

読者

647499f6 4834 460f 8999 6015628f38116c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c91366c6d7 fd64 4750 b3bd 46a6d7f888e32f9c8e23 5832 4f9a 848c 70f8907e72b5Be32b7b2 9634 4ece 8e1e 1146cb002797453f23e4 9c0d 4a6a a99c ba05b1900b9dB43e1aaa 7fb9 4aaf ab3a 5c443cffc70c38391b43 def9 4029 a3d7 6938e8c9b40e 10人

阿川佐和子の本