Btn appstore Btn googleplay
410m56mvqrl

私はなるべく彼女の目にとまるよう心がけてきた。吉田神社で、出町柳駅で、百万遍交差点で、銀閣寺で、哲学の道で、「偶然の」出逢いは頻発した。我ながらあからさま... 続き

コメント

3回目読了。主人公が恋する黒髪の乙女のキュートさったら!ふたりにはどうか上手くいって欲しいものです。風邪の神様と文化祭の所が大好き。この本の美味しいお酒が飲みたい!のシーンに憧れて初めて1人飲み歩いた夜を思い出す。楽しいものでした。私にとって突拍子の無い行動力が起きてしまう本です。読んだらすべて楽しいことが起きる予感がする。

大好きな作品、
ふわふわと吸い込まれていく作品。

偽電氣ブラン…飲んでみたいな…

読了日不明

ぼんやりとしていて、ほのかな温もりを内包する物語
例えば美酒による酩酊、或いは暑い夏による放心、学園祭の熱狂、流行病の高熱…
そんな靄がかかったような夢と現の境界辺りでなら、ひょっとすると起こり得るのかもしれない、愉快で奇妙奇天烈な物語
「偽電気ブラン」に「潤肺露」、お酒の快楽を知らぬ身としては想像するに難い代物も含有するが、作中の料理や飲料は是非とも味わってみたいものである(火鍋はダメかも…)

なんか面倒くさい。
と思いつつ、夢中に。
なんだか幸せな気持ちになれる本。
言葉が好きな人の本は美しく面白い。

黒髪の乙女の自由な感じと、先輩が勝手に振り回されてる感じが絶妙。
映画見て、本を読むとさらに面白い。

後で書くと、言っていたら読んでから5ヶ月経っていた。
とにかく登場人物誰もが愛おしくてたまらない。何度でも読みたくなる作品。独特の文章に中毒になりそう。

本当に好きな作品!二度読みました! 
大学ライフ!グッジョブ青春!という印象

僕も黒髪の彼女に恋に落ちそうになった。

最初はバカかこいつはって思ってたのですが
先輩の一途さにどんどん引き込まれました
最後がハッピーエンドでホントによかったです(^^)

でも先斗町に三階建ての電車が走る光景は想像できません(^^;;

ポップな恋愛ファンタジーと聞き食わず嫌いしていましたが
気づけば胸中で
"なんと素晴らしい文でしょうか!"
と叫び出しておりました

個性溢れる登場人物と文体が
頭の中を駆け巡り
一夜にして森見さんのファンになってしまいました

すれ違う2人がなんだかかわいくて。まだまだ2人を追っていきたい気分だわ。

あの頃に戻って木屋町界隈をまた闊歩したいものだ

気付けば一気に読み終えていた。京都の言葉や情景が美しい。

おじいちゃんが恋のキューピッド
古風な言い回しが可愛いだけでなく、二人とも同じことを考えてるので、はよくっつけ!と楽しく読んだ

異世界に連れてってくれるわくわくファンタジー

至福の読書体験。
昭和レトロでコミカルで地の文ですら
読んでて心地いい。「読書すること」
の楽しさの原点と言った感じ。

杏仁豆腐の味にも似た人生の妙味を、心ゆくまで味わえる純愛のお話。

ロマンティック・エンジン全開の私。
御都合主義なキャラたちにブンブン振り回されながらも、まわりくどい妄想が何故か愛おしい。

黒髪の乙女。
摩訶不思議な自己分析と謙虚な姿勢に惚れてしまう!

なんとも不思議でオモチロイ
恋愛ファンタジー。

世界観、登場人物、内容どれをとっても秀逸で引き込まれる。

独特の文体で言葉も面白いけど、意味なく少々破廉恥なのは、私には馴染まなかった。

読者

B54791ae 59ad 4a74 8e8a 6eadc23a57b492a74c15 b62c 414d 8546 6351ea43f7f5155b52df bead 4c68 bdb4 91956914f398Dckc0uk4 normalIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 257人

森見登美彦の本

宵山万華鏡

宵山万華鏡

It9trq 4 normal

ma

自分でツイートはあまりせずに、色…

笑えるパートもありつつも、じわりと不気味な森見登美彦ワールドが好き。

3か月前

Jm7edlu6 normalH4vpnusd normalIcon user placeholder
ペンギン・ハイウェイ

ペンギン・ハイウェイ

L98iuxza normal

ガリータ

標準より痩せ型です

 本を読むと私の世界とは別の世界へと旅行した感覚になる。創られた世界ではあるけれど、読んでいる瞬間は本当にある世界のように感じてしまう。  この本は不思議な世界ではあるけれど、どこか本当にありそうな世界。突如、街に現れたペンギンたちとその謎を研究する少年と鍵を握るお姉さんの物語。  不思議な謎に挑んでいくストーリーは奇妙なんだけれど、ワクワクしながら読んでいけた。少年目線のどんなことでも不思議と思う好奇心。大人になると不思議なことを不思議と思わなくなるなと少し寂しくなった。  

3か月前

9d5a18d4 e4eb 4019 8d6e f04669dc5c12Icon user placeholderIcon user placeholder 17
夜行

夜行

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/12/11 読了 終着駅は何処だ〜? という感じで読み進めましたが、最終章に来て此処か〜! ということで納得。 久しぶりの森見登美彦。楽しく一気読みでした。さて、この世の外にはどんな世界が広がっているのだろう。

6か月前

01b18cd2 7590 4c5a 91df e503f59adf1eIcon user placeholderIcon user placeholder 32
太陽の塔(1)

太陽の塔(1)

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Matsuda(Yamamoto)

島根県/双子/社会福祉法人(支援…

アイコンで出てこないのが残念だけど、装丁が素敵。好きな人に振り向いてもらえないもどかしさを感じたことのある人は心が締め付けられ、もどかしさを乗り越えた人は懐かしさとあの頃の自分の頑張りを讃えたくなるようなそんな漫画。

7か月前