Btn appstore Btn googleplay
51yk wzglol

コメント

まさかの二作目。古今東西いろんな作家の〆切に苦悶する姿を集めたアンソロジー。日本の作家が中心なのだが今回はドストエフスキーやバルザックまでも納められている。本業が忙しくて辛いとこぼす森鴎外とか、リリー・フランキーの妙に説得力ある屁理屈とか、今回は漫画界から江口寿史なども収録されていて面白くも辛くなる不思議な魅力は健在。面白かった。

まさかの第2弾!
表紙・見返しに掲載されてるパンチラインは健在。

作家の〆切と家族との係わりなど、前回とはまた違った切り口で面白かったです。子母澤寛の文章に猿出てくるの、なんかの比喩かと思ったらほんとに猿飼ってた

読者

F217e061 8321 473a bb2f 30bdd9bc1f0d8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2Icon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a69607acc6ed ac6d 4f63 87b7 11b2054d65891d9ec1ac 5b2a 468a a812 e13c9dc1682794d26871 82b8 4abb 850c 8c522b6799a3 11人

文学

オオカミを森へ

オオカミを森へ

D50f2539 ebd5 4e29 9864 d294f89a05e9

k777

ただのひと

(あらすじ) 100年前のロシア、サンクトペテルブルク。 大帝や貴族たちの間では、『オオカミが幸運を引き寄せる』と信じられていたため、高値で取引され、多数飼われていた。 が、当然野生のオオカミを飼い慣らす事は難しく、ケガ人が出ることもしょっちゅう、かといって悪運を招くのを恐れて殺すことも出来ない。 そこで、問題を起こしたり飽きられたり等して無用になったオオカミは、『オオカミ預かり人』に送られる。 先祖代々受け継がれる『オオカミ預かり人』とは、人が飼うことを放棄したオオカミを保護し、野生に戻すための訓練を施す人たちのこと。 『オオカミ預かり人』の1人である、少女フェオドーラが、オオカミを愛し、信頼し、守るために必死に頑張るお話。 (感想) 一本の映画を観たような充実感。 オオカミは絵本の中や童話では悪者にされがちだが、決してそうではなく愛情深く慎重で賢い動物。 またオオカミを好きになった。

4日前

Ac30a01b 5333 4b40 a946 44b2a165d273623a127d 9176 4da1 ba7b f51e0cdb903f
ノーマンズランド

ノーマンズランド

Bb45dc8a 9f14 44d7 8234 a9f64ec199d6

みつちや

図書館メインで海外ミステリ、時代…

途中、グロを忘れてました たくさんはありませんが おぅ…キツい… 今回はちと難しい 題材が段々と重くなり 関係者はきっと そのような心情なのだろうと 察するしかない… 半端な私が語る題材ではありません 最近はシンプルな事件から 離れてきた気がするので インビジブルレインのような お話を読みたいな 最新刊まで来たので しばらくお休みです シリーズ追っかけて 楽しかった 追記、竹内結子さんのご冥福をお祈りします 大好きな女優さんでした

6日前

9fe9815c 39e6 4e68 86eb c14a429e7a890b2ab76f 2891 42a6 926d 8e73730ccd19Cecadc68 143e 4e7f b549 ff713a3600a6 9
辺境・近境

辺境・近境

Icon user placeholder

baro1n231

旅行をするという行為は、人に意識の変革を迫るもの、そして疲れるもの。日常から離れながらも、同時に日常に隣接しているか。 アメリカに1年いたときを思い出したな〜。 村上春樹もウィスコンシン州行ったことは個人的に嬉しい。

9日前

8511289b 8a2d 4fa4 8680 b8977f191636A20c6877 009d 4922 a0f4 4304c9f6c749E638be73 d93b 4e1e 9581 7524f4f02714