Btn appstore Btn googleplay
51yk wzglol

コメント

まさかの二作目。古今東西いろんな作家の〆切に苦悶する姿を集めたアンソロジー。日本の作家が中心なのだが今回はドストエフスキーやバルザックまでも納められている。本業が忙しくて辛いとこぼす森鴎外とか、リリー・フランキーの妙に説得力ある屁理屈とか、今回は漫画界から江口寿史なども収録されていて面白くも辛くなる不思議な魅力は健在。面白かった。

まさかの第2弾!
表紙・見返しに掲載されてるパンチラインは健在。

作家の〆切と家族との係わりなど、前回とはまた違った切り口で面白かったです。子母澤寛の文章に猿出てくるの、なんかの比喩かと思ったらほんとに猿飼ってた

読者

F217e061 8321 473a bb2f 30bdd9bc1f0d8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2Icon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a69607acc6ed ac6d 4f63 87b7 11b2054d65891d9ec1ac 5b2a 468a a812 e13c9dc1682794d26871 82b8 4abb 850c 8c522b6799a3 11人

文学

センス・オブ・ワンダー

センス・オブ・ワンダー

F6b2c93b 0232 49ec ab27 43bc39044b1d

タナトス@tanatosu

本読んだり映画観たりアニメ見たり…

自然についてわかる本で活字が見やすく本を読みなれてない人でもかかっても一時間位で読める本になっています 著書レイチェル・カーソンはデジタル化が進む現代で失いつつある大切なものを想起させてくれたり、実感させてくれて日常生活で意識してみると視野が広がり今までみえなかった世界観が見えてくるかも知れません 新しい扉を開く最初の一冊にしてみませんか?

2日前

Icon user placeholderB81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f43lybve0p normal 85
罪の終わり

罪の終わり

Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8

Koppepantaro

身の丈五尺八寸、中盛無料と戦う日…

ブラックライダー=黒騎士伝説へ、世界が終わる前と後、救世主はいかにして救世主となったのか。作中ルポルタージュとして語られるナサニエルヘイレンの物語がただ静かに、始まりから終わりに至るまで、視点を変えつつ詳らかにされていく。伝説のブラックライダーでありながら、その等身大の姿がどうしようもなく儚く、それでいて冷酷。とっくの昔に全部失くしてしまったひと、そんな一人の魂の道行きの物語だった。 ブラックライダー読後に本作を読みました。内容としては前後するけれど、全く問題ありません。ブラックライダーには東山節、ともいえるような軽妙さがそこここにありましたが、本作ではかなり控えめ。やはりジーザスを取り扱うゆえか。けれど退屈な印象は全くなく、むしろシリアスさが心地よいほど。罪の終わり、間違いなく傑作です。 あと、装丁がめちゃくちゃ格好いいです。

4日前

Icon user placeholderBe36368f 287b 4b67 9606 3b8972b2ff9b89c0ce76 d543 4d54 aa7b 7ec65767885a 12