51uwyggrynl

19世紀末、パリ。浮世絵を引っさげて世界に挑んだ画商の林忠正と助手の重吉。日本に憧れ、自分だけの表現を追い求めるゴッホと、孤高の画家たる兄を支えたテオ。四... 続き

コメント

ゴッホという画家の素晴らしさを確信している、弟のテオ。偉大であるゴッホを認めない世間に、苦悩するテオ。
史実であるゴッホとテオの人生に、浮世絵と日本人二人が深く関わっていく展開に惹きつけられた。
「たゆたえども沈まず」生きていくのは、天才には難しかったんだろうか。それとも、絵の中に「たゆたえども沈まず」生きているのだろうか。

読み終えてから表紙の絵を見ると、なんとも言えない余韻で、ずっと観ていられる。絵を鑑賞するって、好きな方なんだけど何かうまくできなかった。少しだけ絵の鑑賞の仕方がわかった気がした。

ゴッホと弟は兄弟以上にお互いに無くてはならない存在だった。
世間からは認められず、自分自身と戦いながら精神を潰して作品と向き合う兄と、またそんな兄の才能の誰よりも理解者でありながらまともでない兄に振り回され苦悩する弟。
弟は誰よりもゴッホのことが好きだったんだろうな。
好きとか優しい感情だけでは収まらない強い決意みたいなものがどんどん増していくのがわかった。
切なくも天才とは孤独。

ゴッホをメインに印象派の画家達と浮世絵などの日本絵画にスポットを当ててストーリーは展開していきます。ゴッホの心の葛藤とその心情を思うと自然と涙が溢れる場面もありました。
美術館に足を運んでみたくなるような
そんな作品です。

本屋大賞にもノミネートされてる話題作。
幻冬社の電本フェスで割引だったので購入。
(それにしても去年の蜜蜂しかり、多動力しかり、幻冬社は今が最も旬な本もセールに突っ込む思い切りが凄い…。)

史実をもとにしたフィクション。
ゴッホとその弟、そして影響を与えた日本人画商のお話。楽園のカンヴァス同様、MoMAに勤めていた著者の圧倒的筆力。美術に知見が浅い私でもおもしろく、そして興味を持たせられる。さすが…。読むと美術館行きたくなる。きっとバックグラウンドを知ってから読んだ方が楽しめると思う。

ゴッホ兄弟の他の人には理解しがたい絆、はたからしたらただの困ったちゃんにも見えるけど(特に終盤で命を落とすところ等)芸術って普通(と一般的に言われているもの)ではない感覚だからこそ生み出せるとも思うわけで。いかに正気じゃないからこそ、生まれるものというか。

個人的にはジャポニズムと言われる日本芸術の取り上げられ方が興味深い。茶碗を包む紙、としか思われていなかった浮世絵が欧米によって価値があがったこと、日本人は他者の評価がよいものを良い、と持ち上げるっていうのも、なるほどねーと。あの時代にあの国に東洋人が乗り込み、切り開いたとされる実在する林忠正にはただただ敬服。

ゴッホの話のため、最終的にはどっちも死んじゃうからなー。まあ暗い話ではある。

”星月夜”や”ひまわり”など、明るい色調が印象的な作品に対し、ゴッホ自身の画作人生は苦悶に耐え続けた暗いものだった。
人生をかけて兄を支援し続けた弟のテオもまた、兄同様メランコリックな一面を持ち合わせていた..

芸術の都パリで、この繊細で不安定な兄弟はそれぞれ画家として、兄の作品を世に知らしめる一流画商として、地位を確立すべく奮闘するのだが、その道は険しかった。

この仄暗いストーリーを彩るのは、印象派に大きな影響を与えた浮世絵、芸術に対する高い見識を持つ日本人画商、画家仲間、若手画家を裏で支える画材道具屋の店主。

まさか、泣くとは思わなかった!
一読する価値あり、です。

史実が元のフィクションになります。

浮世絵が印象派の画家に影響を与えた事は、なんとなく知っている程度の知識でした。
この本を読んで気になりジャポニズムについて調べてみたら、かなりの衝撃を与えたようですね。
北斎にこんなにも影響されてるのかとビックリしました。
実際に描かれた絵を調べながら読んでみると、なんとも言えない気持ちになります。

楽園のカンヴァスを読んで、また画家の面白いストーリーが読める!と思っていただけにもう少しアクセントというか動きがあればなぁと感じてしまった。

ゴッホという画家自体がそうさせているのかもしれないが、作品の全体的に漂う陰湿で重く垂れ込める雲のような雰囲気が読んでいて気持ちが沈むと言ってしまっても否めない

言葉はいらない そういう本。

読者

4225c5c8 10f3 48ed bf29 51aa6fcaa35a75427b58 3ff0 4cf6 bf64 ff9bbfba28e973c8ae9c 8ef7 422c bfd2 2b60ffb83742Icon user placeholder3506efb8 b24d 4c5c b0f1 ca30c8af65bcIcon user placeholderEe7b4716 31eb 400f aa9e c925bf205744095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76f 138人

原田マハの本

美しき愚かものたちのタブロー

美しき愚かものたちのタブロー

Ca7b5bd3 81fd 4de2 a5f2 a19c195d572b

Kei Kawakami

I love books

なんで美術の教科書は、こういうことを教えてくれなかったのだろうか。本の中で、絵画との接し方を松方幸次郎に教えてもらった気がする。とりあえず西洋美術館でやってる松方コレクションを観に行かねば。久しぶりに睡蓮を観に川村記念美術館にも行きたくなった。でもやっぱりパリにも行きたい。。。

約2か月前

Icon user placeholderCd7b3ce4 c62e 453b a717 1f74c9cef6f751719c79 83ea 4338 b822 8cdc3aa5e494 19
思わぬ出会いに心ときめく パリの小さな美術館

思わぬ出会いに心ときめく パリの小さな美術館

B8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee

モコ

ネットよりも、活字が大好きです。

パリの街中に佇む様々な様式の美術館の数々。どれもが、人々の生活に密着していて子どもから大人まで、日常的に素晴らしい芸術に触れている様子を見ると、芸術への想いを形成する土壌の豊かさに「さすが、パリ」と、思わずにはいられません。

6か月前

8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18feBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311A0c83aa7 024d 4bf8 b6a8 c554669d0e4d 22
常設展示室: Permanent Collection

常設展示室: Permanent Collection

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

運命の絵というものがあるものです。 運命の本があるように。 この本を読んでいると、 絵を観るということは、絵画の知識を伴わなくても良いのよ、と許してもらえてる気がして嬉しい。 常設展示がユニークな美術館が、思いの外あるのをご存知だろうか。並んで観る絵も素晴らしいが、美術館が心を込めて常設している美術品も素晴らしい。 でも、人が少ないと自分はチョット照れてしまうのである。笑

6か月前

89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e47b1a636 c8e3 413e b60b b500b8e3f043Ef71581d c2e3 4baf 998b 784e421d7a7b 17
ロマンシエ

ロマンシエ

015dce07 cf3e 4648 a2ea 9129980e6554

まいさん

頭でっかちにならないように、ゆっ…

マハさん史上最もチャーミングな男の子が主役! 大好きなアート、そして大好きな人にまっすぐに向き合うその姿はとってもピュアで魅力的だったなぁ〜。 マハさんの作品の素晴らしいところは、アートの素晴らしさと魅力を、すごくわかりやすく丁寧に描いているところ。 アートに興味がある人も、そうでない人もきっと楽しめるはず。とっても大好きな作家さんです。

8か月前

75427b58 3ff0 4cf6 bf64 ff9bbfba28e99b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f74D75136a9 b4f4 46d0 8014 ed40eb1e53e3 29