51kxfpiqwml

「明くんと久しぶりに話せた…」事故がきっかけで幽霊が見えるようになったぼくは、六年前に死んだ初恋の幼馴染、桃香と再会する。昔と変わらぬ笑顔をぼくに見せる桃... 続き

コメント

短編集でさくっと読めます。
ぼくは明日、、ほどの感動はなかったけど、ほっこり温かい気持ちになりました。

こんなことが起こるなら幽霊が見えるのもいいかも

友達が勧めてくれた
短編になってるけどつながってて最後にはまとまって上手いなって思った。
でも正直なところ私は、「僕は明日、昨日のきみとデートする」の方が好きです笑

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」著者・七月隆文さんの新刊。
前作よりもアニメの映像がさらさら浮かぶかのような軽めのタッチで描かれていた。
ほっこりと物語がすすみ、最後にじんわりと感動が広がる1冊。

死んだ人の気持ちを伝える人がいるといいな。
人は後から何かしておけば良かったと考える。
だからその願いを叶える人がいたらいいなぁ。

前作が良かっただけに、ちょっと残念かな。
でもそれなりに楽しく読ませていただきました。

霊が見えるようになったら…

自分と直接関係のない相手であっても、助けてあげたくなるのかな。

別れたくない相手と別れなければいけないのは本当に寂しいこと。

でも、その想いを受け止めてあげられたら、すごく幸せなのかもしれないですね。

温かい心で生きましょう。

短編集だけど繋がってるのってやっぱり面白いなって思った。阪急電車もそれが面白かったし。
どの話もあたたかかったけど、やっぱり最初の桃香ちゃんの話が一番胸がぎゅってなった。
須玉くん鈍感すぎ笑
柚の想いが須玉くんに届く日はあるのかなぁ?笑

ラノベ展開で、大きく4つのエピソードが綴られます。初めのエピソードの微妙さはあるけど、設定を受け入れると、次はどんな感じかな、と、どんどん読めます。
『僕は明日、昨日のきみとデートする』のイメージを期待すると、チョット違うかも。
ちなみに、こちらの原作の方が、デートより古い執筆です。

読者

27bff5de 1d46 4392 8a62 c6a6943543f9Icon user placeholderIcon user placeholder5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f3b312aa8 50be 4edf b5c1 69c053b56ab0D5b080e2 aea2 4e56 81e7 e2f570162621711f6eed ab8a 4834 af07 1fe21e4d1bf1A20082ed d295 42eb 90be 13906f650b32 38人

七月隆文の本

ぼくときみの半径にだけ届く魔法

ぼくときみの半径にだけ届く魔法

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます

写真の専門学校を出た主人公の須和仁 友人が有名なカメラマンになっていたり 周りがどんどん仕事を取っていたりする中 売れない自分だけが取り残されている ある日偶然とった写真に写っていた陽(はる)と知り合い 彼女の家へと写真を時々見せに行くようになって 仕事が舞い込むようになった 難病とたたかう彼女との恋は 普通の人たちが当たり前のようにできることができなかったりしてる分 純粋ででもとても脆い だからこそ綺麗な気持ちで幸せを噛み締めている彼女を守り続けて愛し続ける主人公との恋は応援したくなります

約1か月前

6c291222 5e63 4bb0 a0d4 78934d198d4098a53d93 2739 46ac 9293 f7c43d63c11c10439ba4 db1b 474e 9052 db9c243b9ebe
天使は奇跡を希う

天使は奇跡を希う

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます

クラスに翼を持った本物の天使が転校してきた 翼が見えるのは 良史と成美と健吾だけ 彼女が天国に帰れるように協力することになり いろいろな所に行ってみたりした 彼女の嘘は 真実を知った友達に 優しさと強さを与えたと思う 悪魔との賭けに 勝てて良かった

12か月前

03486de8 1224 4e94 8395 860f495c8f232a7011ad 1023 4a28 9610 18ac8022a01dIcon user placeholder 22