51a9f9js2jl

発行元から

「いじめ」を脳科学する

「子どものいじめ撲滅」に向けて、大人たちが尽力している一方で、大人社会でも「パワハラ」「セクハラ」などの事件が後を絶ちません。しかし、「脳科学的に見て、いじめは本来人間に備わった“機能”による行為ゆえ、なくすことはできない」と、著者である脳科学者・中野信子氏は言います。ならば、いじめに対するアプローチ法を変えて、その回避策を考えていくことが、良好な人間関係を維持するためには得策です。本書では、子どもの仲間はずれやシカト、大人のパワハラ・セクハラなど、世代を問わない「いじめ」に関して、その回避策を脳科学の観点から説いていきます。

【編集担当からのおすすめ情報】
子どもはもちろん、大人社会でも多発している「いじめ」にどのように対処すればよいのでしょうか。脳科学から考えたヒントが満載です。

中野信子の本

人は、なぜ他人を許せないのか?

人は、なぜ他人を許せないのか?

41b9f359 9360 448c 90b1 46b4c2ec7acf

パパセラ

3児のパパで医療人

他人を許せなくなる背景には、文化や習慣によって生まれた内集団バイアスという脳のクセによるものがある。この思い込みは前頭前野の衰えが関与しており、是正するためには食事、睡眠、メタ認知がkeyになる。また、現状維持バイアスからの脱却も必要になるだろう。

3か月前

Icon user placeholderC1243901 d6eb 4606 9351 ea9d9d21c2c4F19eb923 86ef 4bb0 aee5 41e194a303dc 12
悪の脳科学

悪の脳科学

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Matsuda(Yamamoto)

島根県/双子/社会福祉法人(支援…

人の気持ちが揺さぶられるのは脳が他の体の機能と比べて完全にできていないから。進化する為に必要な余白部分を喪黒福造は攻めてくる。 漫画が差し込まれ、文書も読みやすかった。 数々のホルモンが人間の身体や考え方にどのように影響するのか随所に書かれており、自分をコントロールすることは脳をコントロールすることと等しいんだなと思った。

8か月前

C1243901 d6eb 4606 9351 ea9d9d21c2c434039ca4 a3a8 47b9 a6f9 06e296c4ddd6
生きるのが楽しくなる脳に効く言葉

生きるのが楽しくなる脳に効く言葉

549f432e 7704 4aa6 b47c da98b6c76e65

あーさん

40過ぎて、読書に目覚めました

脳科学者の中野先生がわかりやすいシンプルな言葉で、生きるヒントをくれる。 いくつになっても脳って騙せるんだな。

1年前