Btn appstore Btn googleplay
51tri9zcdzl

コメント

あるがままの世界を自分自身の目で見る方法。

Kindleの日替わりセールで入手。予想外に面白くて続編も買ってしまった。思う壺でした。

新興宗教のトリックをマジシャンが暴くストーリー、と書くとドラマの「トリック」のようだけど、第一印象はそんな感じ。

本文で引用されてた逸話。
「久しぶりに訪ねてきた友人Aに、友人Bが自分の娘が死んだと泣きながら話す。その夜その娘が友人の前に現れ、恐怖と混乱に陥り、心霊主義者になってしまう。が、実は娘が死んだことはウソでしたと打ち明ける。とこれだとジョークになるが、そのまま打ち明けないと心霊現象になる。」
世の中の心霊現象ってバリエーションはあれど大体こんな感じで作り上げられてるんだろう、と気付かされた。

読者

C48925bc cb69 4703 a73a 28f9683cd938C555e0cb 50f1 4d7b 83d8 f2ff66b6769c3631ba1d 0a17 4328 8eca d634219e94d963bd1528 92f0 4d80 ad87 fff0a92563bcD695aa62 24d5 4552 ba08 f4e8ba6bef75 5人

中島らもの本

もうすぐ絶滅するという煙草について

もうすぐ絶滅するという煙草について

E78f830e 41fe 490f 9404 3da2efd79eee

Mana

喫煙者の肩身がどんどん狭くなる昨今、改めて喫煙について考えてみようではありませんか。 煙草を喫むという行為には、その人なりの強いこだわりがあるようです。それを美学とするか、言い訳とするかで喫煙者と非喫煙者の争いが起きている気がしますが、大先生達が煙草を語ると「喫煙ってそんなに悪いことだっけ」という気持ちになるから不思議です。非喫煙化する社会への一言は、何だか世の中の真理が語られているようでした。 恐らく超・嫌煙家の人は、そもそもこういったテーマの本を手に取らないのではないかと思うと、なんだか損してるなと思います。

1年前

酒呑みに与ふる書

酒呑みに与ふる書

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/04/06 読了 〜あるいは酒でいっぱいの海〜 松尾芭蕉から夏目漱石。江戸川乱歩に折口信夫。角田光代や村上春樹。内田樹と鷲田清一も。 酒の肴にちょうどいい。ちびちびやりながら楽しく読みました。日本酒の話がもっとあったらもっと良かったのになぁ。 装丁が素敵ですね。 〜すべての酒呑みに捧ぐ〜

約2年前

9a669bed 3bb7 4218 85ad c29a8aa354767d89b672 c708 4144 b5ce f389c132b3969ac9871f 33f3 4bb3 b203 9133cb38cc65 27
世界で一番美しい病気

世界で一番美しい病気

D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86

ashirai

日々、興味はウツリウツッテ。

“全ての企ては頓挫する。 全ての船は沈むだろう。” 『恋するΩ病』

2年前

Icon user placeholderC1243901 d6eb 4606 9351 ea9d9d21c2c46b2930d4 4218 4e99 b026 43857e2a40c2 11