51x40%2bwnhnl

「一流」「本物」の大人になるための人生帝王学62のルール。 続き

コメント

船井総研創立者の船井幸雄さんが13歳に向けて書いた生きる上で大事なことを伝えた本。1項目2ページ読み切りで読みやすい。
以下引用
・他人をいじめることは、自分をいじめること
悪い行いをするのは、良いお手本を見せることができない自分にも原因があるということを、覚えていてください。

読者

Icon user placeholder

人文

メンタリストDaiGoの心を強くする300の言葉

メンタリストDaiGoの心を強くする300の言葉

36d55287 0b8d 4522 ada4 15287422a7dd

Macky

月7冊を目標に読書してます

メンタリストのDaiGoさんが自身のtwitterで呟いた言葉をまとめた本になります。 名言集などによく見られる、仕事/恋愛/人生などカテゴライズされてないのが本著の特徴となっております。 カテゴライズされてないのは一見すると読みにくいと思われるかも知れませんが、カラーバス効果と呼ばれる脳の働き(奥さんが妊娠すると街で妊婦さんをよく見かけるようになるといった効果。つまり、人の脳は関心のあるものの情報を無意識に集めるようになる効果)を利用する為にそのような構成にしているようです。 そのため、悩みが変わるたびにパラパラと本を捲ることで、その時の自分にぴったりな言葉に出会うことが出来ます。 人生に行き詰まった時に一度立ち止まってゆっくり読むことをオススメします。

約1時間前

人生を変える習慣のつくり方

人生を変える習慣のつくり方

77d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a4

GTR

何か言いたくたる本にコメントを残…

よくある習慣に関する本にありがちな「習慣になった行動は簡単には変わらない」や「良い習慣は一度見についたら半永久的に続く」という前提をちゃんと否定している。 当たり前の話だが、人間の行動とは、そんなに簡単なものではない。 「ジョギングが1年間続いて習慣化しているが、この習慣が壊れてしまう感覚がある」という風なことが書いていたが、私も近い感覚をもったことがある。 この本に書いている方が、普通の人の感覚に近いと思う。 この本の作者のように「習慣にするのか、それが続くのかは自分の価値観によるところが大きい」とも思う。 また「人は自分が成功した方法が万人に共通する成功法」だと思う傾向にあるとも書いてあって、大きく同意する。 作者が「4分類」をもいてい人を類型化しているが、この分類も「当てはめてアイデンティティを持つものではない」と言い切っており「4つの分類はあくまで自分の自覚を深めるために使って欲しい」としているのも、私にとっては非常に納得度の高い提案だった。

約4時間前

9e299f8b b8ac 49f8 ab08 db3f3c547464Dcc15505 1ec5 4fe6 beff 96b73e1bc6b714ac1dd3 5a85 4954 8ca6 b1982809aecc