51lqnobjm0l

主人公の竹脇正一(まさかず)は、昭和26(1951)年生まれの65歳。商社マンとして定年を迎えたが、送別会の帰りに地下鉄の車内で倒れ、集中治療室に運びこま... 続き

コメント

寝たきりの意識不明の方達が、こうやって自由に(といっては、語弊があるが)意識を飛ばしているとすれば。私達は、心せねばならない。これは、奇跡の話だ。竹脇だけが知っている。誰も知らない奇跡。戦後の人生を隠して生きた男の、復活の話とでもいったらいいだろうか。

読者

08c4b35f c5fb 4a62 b6ea 45951ec25ea71525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad484bc05e8 c086 4730 8280 90cd749500af 3人

浅田次郎の本

プリズンホテル〈3〉冬

プリズンホテル〈3〉冬

9bf08c61 71ea 457c bc63 c574c7067a2c

ジュニ

サスペンス、ミステリー、推理、ホ…

"なんて運の悪い子だろう。- でも、もしかしたら - もしかしたらこの子は、恋人の投げた手桶に偶然あたったのではなく、手桶の下に頭を差し出したのではないかしら"

6日前

4ca4ec68 d5a1 41f9 b014 2153953b80093bce1cfc b9a0 4efa 8d09 a4ed1756195577bf3324 ab8b 4c15 8fcc 5c5388d9462b