51lqnobjm0l

主人公の竹脇正一(まさかず)は、昭和26(1951)年生まれの65歳。商社マンとして定年を迎えたが、送別会の帰りに地下鉄の車内で倒れ、集中治療室に運びこま... 続き

コメント

寝たきりの意識不明の方達が、こうやって自由に(といっては、語弊があるが)意識を飛ばしているとすれば。私達は、心せねばならない。これは、奇跡の話だ。竹脇だけが知っている。誰も知らない奇跡。戦後の人生を隠して生きた男の、復活の話とでもいったらいいだろうか。

読者

08c4b35f c5fb 4a62 b6ea 45951ec25ea71525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad484bc05e8 c086 4730 8280 90cd749500af 3人

浅田次郎の本

天国までの百マイル

天国までの百マイル

Icon user placeholder

Kenichi Ietsugu

百マイルを自分の車で狭心症の母親を無事に転院させ日本一の心臓外科医曽我医師にバイパス手術をお願いする 浅田次郎自らの経験を元に書かれた小説

6日前

4ed2269a 9d6a 4d17 9c79 2612fea6e4060102e448 d3aa 473f bf9b 235d8dfafd348c8005ce c3bc 4d7f 8b23 4ff3bc9a1e96
オー・マイ・ガアッ!

オー・マイ・ガアッ!

5543d474 6380 4c2f b69a f80530976777

ぱんだお

歴史、ファンタジー、ノンフィクシ…

浅田次郎の趣味をただただ詰め込んだ本。 作者がカジノについて語る部分が一番面白かった。 とりあえず確かに年に数回はラスベガスでカジノにふけるなんて正気じゃない笑笑

10か月前