51ynvu3qq2l

早川書房編集部・編 王城夕紀、柴田勝家、仁木稔、長谷敏司、藤井太洋、伏見完、吉上亮──現代日本SFの中核から新鋭まで全7作の中篇を収録する。 続き

コメント

藤井太洋と長谷敏司が面白い。長谷敏司はドン・ウィンズロウを彷彿させるバイオレンスぶり。続きを読みたい。

どのSF本よりも難しかったかも。。。伊藤計劃トリビュートなのに、小難しいのは何か違う。哲学的で社会的なのは良いのだけど。

ページ数のボリューム感に感動した…気に入ったのは「未明の晩餐」「ノット・ワンダフル・ワールズ」「フランケンシュタイン三原則、あるいは屍者の簒奪」

読者

0e0ae9ad 1063 472e b241 8851f517b2ebIcon user placeholder2431e89a 3f32 4955 bd04 75f9d814504e26a96fa6 ce1b 42f3 a369 7685ddc74a052aa168be e4d4 4a6d b855 9ff8a0c90ab785b8a647 6ba7 4f84 85f8 1c0091d2e3bbD70128bf 61d4 404d ae2c f281aa2c3928C8ab4ca0 717e 41de af3d e95859008373 10人

王城夕紀の本

青の数学

青の数学

Df76215c 0d5c 423b be24 8c8270ec4435

りんご

東京都 伊坂幸太郎さん、誉田哲也…

とても美しい小説だと思いました。素晴らしい!

8日前

6c876b72 6e94 463a 9040 7d8cef6d61b69e219d28 09ab 4c04 abcf b4f20dc3d306A91d2261 6ada 4a6f b673 e87a07381556 27
天盆

天盆

Akiaivjyeuyp25rambwa

アルテシマ

本と本棚好き。

将棋に似た盤上ゲーム、天盆が話の中心。天盆の才能ある少年の成長と家族の愛と戦火に巻き込まれる国の争いが、とてもうまく描写されています。久しぶりに、1日で読了しました。面白かったです。

約2年前

Icon user placeholderFd0c506d 35fa 4b56 adb7 32f324602126009a1c2e f050 4fb0 8523 47a8c53ba7b9 13