Btn appstore Btn googleplay
51azayhrj4l

その時、記者たちは、なぜ海に向かったのか――。東日本大震災で存続の危機に立った福島民友新聞。『死の淵を見た男』著者、門田隆将があの未曾有の危機に直面した記... 続き

コメント

2011年3月11日
24歳の1人の青年が職務中に津波に攫われ、彼は還らぬ人となった。
彼は津波に攫われる直前まで、避難誘導をしていた。
彼は、福島民友新聞という地方紙の新聞記者。それも地震、津波。原発事故という三重苦に今もまだ晒されている双葉郡を含む相双(そうそう)地区と呼ばれる場所の新進気鋭の若手だった。
これは、福島民友新聞社相双地区の記者たちが直面した真実。

この書籍の存在は知っていた。いつか読みたいと思っていた。あの日の光景をきちんと知っておきたいと。発行は震災から三年後、その時はまだ、読めずにいた。あまりにも辛すぎた。心の傷は時間が治してくれる。それでも、時間が短すぎる。だが、あれから7年たった。当時小学生だった子は中学校、高校、大学へと進学し、また社会人として新たな生活をスタートさせているし、その年に生まれた子供は小学校へ入学している。それだけ年月がたっているのだ。
いまなら、読めるだろうと感じた。確かに読めた。それでもあの当時感じた恐怖や悲しみや苦しみや感謝から自然に湧き上がる涙は取められない。

フクシマは危ないとか危険とかただ漠然とした感情だけで、いまの福島を訪れたこともない、住んだこともない。原発事故後に福島が県をあげてどのように取り組みを始めたかを知りもせず、一部しか報道されないことが全てだと、だだ周りの情報に踊らされている人たちすべてに、己の恐怖や痛みと向き合いながらそれでも真実を伝えようとしている人たちがいる事を知ってもらいたい。

読者

B67c853a d9fe 49ee ace7 fb82be84a2258b153b9d 912f 460b 87ff cf2ab8fc2ad0

門田隆将の本

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発

929e7f2b fa63 4430 870c c2505ca9f1c7

Nirirom

積み本増加中

東日本大震災で発生した福島第一原子力発電所の事故経緯を関係者の証言をもとに物語にした一冊。 簡単には言い表せないが、文字通り〝決死の覚悟〟で当時の原発で対応に当たられた作業員の方々には敬意を表したい。 自然災害は想定外のことが起こりうる。いくら人間が事前に対策をしたところで、それには限界がある。 この本を読み、その想定外の事態に対応できるのは、常に現場の最前線で経験を重ねてきた方々だということが改めてわかる。 決して政府や安全な離れた場所から指示を出すだけの背広組ではないのだ。 この本では、当時の菅首相の言動が誇張なく書いてあるが、首相そして政府の無能っぷり(国家存亡の危機的状況でも無駄な縦割り、責任の所在のなすりつけ合い…)には怒りを通り越して、恐怖を感じてしまう。

10か月前

Icon user placeholder1513b3bc 871c 4fb4 865a b78122a79339Fe725e33 cb11 4f6e adbb 86261e6a69f1
死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日

5b870c08 c1e6 460e bb52 131ec3384664

chou

本と絵と旅行大好き

もっと早く読むべきだった。 原発事故当時の情報は錯綜していて、メディアも、東電の対応が遅い、東電が何もできてない、いうトーンが多かったように思う。 本書では、当時の吉田所長や、1号機・2号機の中央制御室で司令塔だった伊沢氏の話が多いので、どうしても現場よりにはなるけれど、菅首相や原子力安全委員会の班目委員長のインタビューもきちんと盛り込まれ、当時の状況が整理されて分かりやすいし、公正でバランスのいい内容だった。 人間は死に直面したときに、その人の真の姿がわかる、と実感。 首相の冷静さを欠いた感情のままの言動と、東電本店の体たらくと、現場の方々の命をかけた奮闘ぶりのあまりの差に、もし自分だったらどう行動できるだろうか、と考えた。

約5年前

81cc5180 9be6 43d3 b4dd a8695a40bda4D4c107e0 ade8 4600 873d e9eb0e6c89df