51etdvoutpl

発行元から

八雲が口にした「引退」の二文字。いつか来るその日を覚悟して、樋口の案内で与太郎こと三代目助六が向かった先は、四国の温泉旅館・亀屋。

因縁の地で甦った先代助六の「芝浜」があぶりだす、八雲の落語の深淵とは――?

ある者は寄席を守り、

ある者は再び高座を目指す。

昭和落語の最後の灯が
行く末を照らすその日まで――。

八雲が口にした「引退」の二文字。いつか来るその日を覚悟して、樋口の案内で与太郎こと三代目助六が向かった先は、四国の温泉旅館・亀屋。因縁の地で甦った先代助六の「芝浜」があぶりだす、八雲の落語の深淵とは――? ある者は寄席を守り、ある者は再び高座を目指す。昭和落語の最後の灯が行く末を照らすその日まで――。

雲田はるこの本

舟を編む(上)

舟を編む(上)

32c25c04 6874 44c6 b646 8d917d1c4f66

Yui Hiroi

雑食読み。

上下巻。 本も、コンパクトにでっかい話が収まっていて好きだけど イメージしてた絵で読めるのが嬉しい。 うまいことコミカライズされてて面白かった。

2年前

E2656483 022f 4cf7 829b ebd58d7e3c8fEb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c05324e7a79a d060 49d6 9725 1a5cffba7cbc
舟を編む 上巻

舟を編む 上巻

09e86e0e d5e6 4e23 96d3 56e52adde6a7

Abekawa0706

ほとんど漫画

テンポがいいと言うよりは「ページ数の都合により切り詰めました。」という印象。原作もアニメも大好きな作品なので、もっと丁寧に作って欲しかった。香具矢の顔が男過ぎるのも気になる。

約3年前

B19d9309 55d7 44a5 952c f7071f8684a46c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626b