Btn appstore Btn googleplay
61muuwkdohl

新井素子、上田早夕里、冲方丁、小林泰三、今野敏、瀬名秀明、堀晃、宮部みゆき、山田正紀、山本弘、夢枕獏、吉川良太郎の総勢12名の豪華執筆陣! 従来のSFファ... 続き

コメント

8/10点
買い。
内容には触れず独断採点のみ書く、何様スタイル。

読者

0b510c0b 9b50 415e bb87 86f711ef2cf5

新井素子の本

絶対猫から動かない

絶対猫から動かない

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

『いつか猫になる日まで2020』みたいなお話し。 中高年層を主人公にして書いた作品。 親の介護や子どもの成長。自身の老いと将来への不安。若い頃ほどリスクは冒せない。50年も生きてるといろいろある。 良くも悪くも特徴的過ぎる新井素子文体。ここは変わらなさ過ぎてホントに凄い。 ただ、各章冒頭の三人称と、主要人物ごとの一人称視点切り替えが相まって、どうしても冗長に読めてしまうのが、難しいところ。

4か月前

00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f9204 em tuw normal26bf068d 8584 433b 8c89 a2d9bcdeb986
ショートショートドロップス

ショートショートドロップス

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9

ほんのむし

息をするように本を読む

ショートショートって、そもそも世の中にあんまりないんだそう。たしかに言われてみると、本屋で見かけるのは長編ばかりで、短編と銘打つものもなかなかに長いものがたりが多い気がする。 これは女性作家のショートショート集。全体的に非現実的でふしぎなお話が多く、ふわふわとした読了感だった。 装丁も素敵。文庫本より大きいけど、ハードカバーよりも小さい。女性の手にも持ちやすく、表紙を開くとどことなく新しいかおりがする。不思議な読書体験だった。

約1年前

Bd3f1c37 f049 4a4a af4d 35748b1db2b29ed1a4f2 e954 4da6 a0fb 3f60b0027f1d
この橋をわたって

この橋をわたって

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

新井素子にしては珍しく、特定のシリーズ、テーマに囚われない短編集。 って、思ってたら、この手の短編集は新井素子的にもはじめての試みであった模様。 書いてみないとどうなるかわからない、独特の執筆スタイルの都合で、短編や、連載の依頼を全て断ってきた新井素子が、作家生活40年を機に、ようやく短編や連載の仕事を受けみたのが本作であるらしい。 企業依頼あり、新聞連載ありと、初出は様々ながらも、新井素子ならではのスタイルが楽しめる作品集かと。ここまでテイストが変わらないのも凄い。

1年前

4bfef6ec 4a85 4c2a 94a9 f577f39e81886c876b72 6e94 463a 9040 7d8cef6d61b63221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362e 10
今はもういないあたしへ…

今はもういないあたしへ…

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

星雲賞(日本SF大賞)受賞の『ネプチューン』を併録。海で拾った謎の女の子から始まる壮大な物語。オチがわかった瞬間に、ググッと時空が広がって感じが、いかにもなエスエフ作品。この話大好きなんだよねえ。 表題作の方は、心の在処を問いかける、ざらりとした読後感のお話。こういう女性のダークな心情を描かせると新井素子は上手い。

約2年前