51n1sdu2vll

グローバル資本主義が進展すればするほど、国家は「国民を束ねて動員型政治を展開する」ファシズムへと接近していく。果たして、日本でファシズムは起こり得るのか。... 続き

コメント

日本人より自由に生きることをよく知っている印象のあるイタリア人を「イタリアの為に一生懸命働く人間がイタリア人」という思想の下20年近く独裁者として存在するとは‥ムッソリーニのイメージ変わりました。

読者

014253d4 6080 4951 9119 24735184a6965965ac89 7374 4416 a719 27e42627144bCda577f6 55a7 45af 8c90 2ba5a74e1a27 3人

佐藤優の本

人をつくる読書術

人をつくる読書術

5884a1dd efc1 455a 9a04 299806a4472b

masa

こんにちは!読書大好き人間のma…

教養とは、経験したことない状況に対して、どう判断し行動するか。 著者の512日間の拘置所にいた特異の状況下で、役に立ったのは、これまでの経験と読書などで得た知識。 そんな著者の読書すべき理由、本のジャンル、読み方、お勧めの書など縷々述べられている。

3か月前

十五の夏

十五の夏

Eb55cb01 7a1e 4d08 af64 451a7415e66a

(ㆀ˘・з・˘)

(c" ತ,_ತ)

この人の私小説はいつも楽しく読み応えがある。 中学時代のモノや、大学生活モノ、外交官になりたての頃のイギリス生活モノなど読んできたが、この高校一年生の夏の旅の思い出話も相当に興味深く面白いモノだった。 子供の頃からの特異で貴重な体験の積み重ねが、こういったユニークで才能ある人を生むということなのだろう。 だいたいあの時代に15歳で共産圏を一人旅なんて尋常じゃない。 でも、そこが凄い。

10か月前