51cdwt32z9l

発行元から

ロンドン発の列車の座席でふと目をさましたミセス・マギリカディは窓から見えた風景に、あっと驚いた。並んで走る別の列車の中で、いままさに背中を見せた男が女を締め殺すところだったのだ…鉄道当局も、警察も本気にはしなかったが、好奇心旺盛なミス・マープルだけは別だった!シリーズ代表作、新訳で登場。

アガサ・クリスティーの本

ナイルに死す

ナイルに死す

E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a

kasa

旅行や食に関する本、 海外文学、…

ある程度読んで事件起こってまだこのページ数ある⁈って思ってたら、船の上で展開される出来事に夢中になって読んだ。 ちょうど今年の冬、映画上映されるみたいですね。

1年前

11
パーカー・パイン登場

パーカー・パイン登場

E7426315 6440 49a3 ba01 01595b29e392

アラアラ

ミステリー好き

久しぶりに読み直した短編集。なつかしい。 ポアロ、マープルと異なる作風。メソポタミアやナイルを読みたくなった。

1年前

蒼ざめた馬

蒼ざめた馬

Icon user placeholder

msht.uesk

50台の不出世のサラリーマン

理想的な推理小説の一つだと思う。 事件の雰囲気に惑わされた後の、呆気ない解決。 「狡猾でズル賢いバカ」という犯人像もいい。 もっと評価されていい作品。

約2年前

ゼロ時間へ

ゼロ時間へ

E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a

kasa

旅行や食に関する本、 海外文学、…

「どれもこれも出発点がまちがっている!必ず殺人が起きたところから始まる。しかし、殺人は結果なのだ。物語はそのはるか以前から始まっている」 登場人物のエピソードがまるで推理小説とは関係ないところから始まり、中盤で起こる事件。 人物の性格や、人の心理を巧みに描写しているところが面白かった

2年前