Btn appstore Btn googleplay
51h6q6kpaxl

コメント

釣り人なら余計に楽しめる。人間は負けるようにできていないって言葉が、胸に刺さるほどアメリカ。

読者

4ac434fc fa99 46cf bce3 071e73212a9e8f4d378a 8535 4364 98f9 2d1c383028190192ebb4 ba22 464c bbcd 8d5639e6b968D64b3a18 41aa 4374 8b45 2936e7253274 4人

アーネスト・ヘミングウェイの本

老人と海

老人と海

36bb5a01 d282 4579 ab26 1dc05ba650c4

tara5

パラレルワールド

海と言う自然のありがたみ・恐怖・無慈悲さ、人間の勇気・限界、不屈の精神を老人を通じてこの作品に見た。 海のど真ん中で1人で闘う老人と勝利を得た後の無慈悲な自然の在り方が非常に哀愁深い。

2年前

移動祝祭日

移動祝祭日

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

珍しいカバーもなんにもないそっけない外観に惹かれて手に取った。作品は正直なところなんでも良かったのだけどヘミングウェイ。 ちょうど新聞社を辞めて作家専業になろうとする修行時代を送ったパリの話がいきいきと描かれている。作家自身、この作品を小説と思っていただいても構わない、と言っており多少の誇張はあるのだろうけど様々な作家や芸術家とのエピソードが率直に綴られており興味深い。特に仲の良かったらしいフィッツジェラルドには多くのページが割かれているが、この友人が妻ゼルダに壊されていく様が克明かつ生々しい暴露をもって描かれておりそこは読んでてすごく悲しい気持ちになった…。 この作家らしく酒を飲んだり飯を食ったりの描写が妙に美味そうでそそられた。中身はなんでも良かったのだけど結果、この作品で良かった。不勉強で知らなかったんだけどこれ遺作なんだね。若い時の作品かと思って読んだら自殺の前年くらいの作品。そう思って読み返すとまた違った感慨があるのかも知れない。これは良かった。

約3年前

B81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c5212519c 2948 490b 82be 2161ee48a1f9 8
老人と海

老人と海

Bae159ae 23a1 4b82 bfcd f236ec4f97aa

doorzw'

ザッパ、ミンガス、パーカー、イー…

青空文庫で再読。福田恆存先生より読みやすかった...なんて言うと怒られそうだが。

4年前

F6d87aa6 3579 41ba 95b0 873b70fa8305A2f0f117 9745 4b0c a9d2 9ad380af03f0