Btn appstore Btn googleplay
51co6mtvopl

ペン画から墨のスタイル画に移行して円熟期を迎えるまでを、時代を追ってたくさんの図版とともに紹介。 アトリエの写真、広告の仕事、雑誌の表紙、書籍、音楽&演劇... 続き

コメント

美由紀さんの描く女の子は憧れだった。線画でここまでのイラストを描く人はきっと今後も現れないと思う。ご本人は気さくで優しい方だった。突然の訃報に泣いた人は沢山いただろう。展示に合わせて作られた2冊(もう1冊はタマちゃん)を読めば森本美由紀という1人のイラストレーターがどれだけ魅力的だったかわかるよ。9月末まで弥生美術館で展示開催中。

読者

F952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44

内田静枝の本

セーラー服と女学生

セーラー服と女学生

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書/漫画 コ…

0134 2019/08/25読了 セーラー服にあこがれてたなあ。 公立でもセーラー服があるなんて羨ましい。 憧れと邪な気持ちで読んだが、セーラー服の歴史や日本での制服文化のことを知れて勉強になった。 帽子と合わせるのもかわいいから現代の学生たちにもやってほしい。 ずっとブレザーだったけど、それはそれで思い出や好きなポイントもある。紺ブレ同じように見えてもボタンとか襟とかプリーツとかで学校の違いが分かるんだよな〜。 ということを思い出した。

9か月前