41eebyyqz1l

船乗りマーロウはかつて、象牙交易で絶大な権力を握る人物クルツを救出するため、アフリカの奥地へ河を遡る旅に出た。募るクルツへの興味、森に潜む黒人たちとの遭遇... 続き

コメント

漱石と村上春樹が愛読者だった、それだけで読んで見たい気もするが、地獄の黙示録の原作であったということで必読になった。

この新訳をもってしても現代の本に慣れているとやや気合いがいるが、入り込んでしまえば一気に進みます。

闇とは密林であり、人の心でもある。

読者

Cd03bf38 93f6 4cf9 9bd1 52c04421f2b7Ce6676dd 05fe 4fe1 bd60 44f7b05f9af3

文庫

戻り川心中

戻り川心中

200cef13 563f 4e85 b40c 9d1c0035d8a0

マシロ

積ん読が其処彼処に小山を築いてい…

美文でよく聞く名前を覚えていて、ずっと読みたかったのをやっと手に取ることができた。謎は一人称で語られると際立つとは常々思っていたけど、滑らかな美文がその謎を更に魅力的に彩る。この短編集の中の謎を抱えた人物は皆どこか孤独で寂しい、そうした人々を囲む情景を描き出す文章は色が滲み出るように美しい。夜中に目が覚めて一気に読み終えてしまった。

約5時間前

76bc0f85 8cb3 4e46 a3f5 c23b5baeb96d9b6918f0 31d9 4772 b469 00187c1e6633Dec40757 3667 4e2d 81a2 2d68d47ddcd4